본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ドイツ最悪の洪水で少なくとも42人死亡…現地在住韓国人2~3人と連絡途絶

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

メルケル独首相

ドイツ西部と南部に24時間以上大雨が降って、少なくとも42人が亡くなり数十人の安否が分かっていないと現地メディアが15日、報じた。隣国のベルギーでは6人が命を失ったほか、ルクセンブルクとオランダも大雨の被害を受けた。

在独韓国大使館のノルトライン=ヴェストファーレン州別館は現地在住韓国人のうち2~3人と連絡がついておらず、現地に職員を派遣して安否の確認を急いでいると明らかにした。

この日、ドイチェ・ヴェレやディー・ツァイト、BBC、CNNなどによると、夜中に1平方メートルあたり148リットルの記録的な大雨が降って惨事が発生した。ドイツは治水システムがよく整っている国で、洪水によって大型の人命被害が出ることは珍しい。ドイツ気象庁のアンドレアス・フリードリッヒ報道官はCNNとのインタビューで「100年間でこれほど多くの降雨量は初めて」と話した。

BBCによると、洪水被害が集中したラインラント=プファルツ州のアイフェルでは住宅6棟が倒壊したほか数十棟が倒壊の危険にさらされていて、18人が亡くなり70人が行方不明となっている。地域当局は非常事態を宣言した。ノルトライン=ヴェストファーレン州のオイスキルヒェンでは15人が命を失ったと地域当局がソーシャルメディアを通じて明らかにした。

現在、被害地域には消防隊や軍人が投入されて孤立した住民の救助を急いでいる。彼らはヘリコプターや船を動員して現場に接近中だ。死亡者の中には救助作業を行っていた消防隊員2人も含まれた。被害地域では停電し、一部地域は通信も途絶えて警察と消防当局にも連絡ができない状況だ。

ラインラント=プファルツ州のマル・ドライヤー知事は「人々が多く亡くなり安否が分からず、依然と危険な状況」としながら「このような災難は初めてで本当に凄惨だ」と話した。アンゲラ・メルケル首相は声明を出して「災難が非常に多くの人に影響を及ぼしていて衝撃的」としながら「死亡者と行方不明者の家族にお見舞いを伝える」と明らかにした。

フリードリヒ報道官は「16日にはライン川上流地域のドイツ南西部にさらに多くの雨が降る」としながら被害拡大を懸念した。救助当局は行方不明者が多く、死亡者がさらに増えるものとみている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기