본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

上流には雨、下流には台風…中国・三峡ダムの危機は終わらなかった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

台風4号の予想進路[資料 韓国気象庁]

三峡ダムは依然として危険水位から脱していない。長江(揚子江)上流には雨の予報がある。弱り目にたたり目で、下流は中国に上陸した4号台風ハグピート(HAGUPIT)の影響を受ける可能性がある。

三峡ダムの水位は3日午前、160.91メートルを記録中だ。ダムが持ちこたえられる最高水位175メートルまで約15メートルを残すところとなった。先月18日、長江流域第2号洪水の時に記録した164.5メートルに比べると約3.6メートル程度水位が低くなった。

現在、三峡ダムは水門を開いて下流に1秒あたり3万4000立方メートルを放流している。しかし同じ量の雨がダムに流入していて水位を維持している水準だ。

しかし、緊張を緩めるわけにはいかない。

長江上流には3~4日に雨の予報がある。そのうえ、先週末の台風3号が海南・広東などに雨を降らせたことに続き、台風4号が中国東南部海岸に向かって進んでいる。時速20~25キロで北上している台風4号は勢力を大きくしながら3日夜から4日未明にかけて浙江省や福建省一帯に上陸する見込みだ。

だが、3~4日の間、長江上流である四川盆地西部に依然として雨の予報があり、緊張を緩めることはできない状況だ。

より大きな懸念は、先週末の台風3号が海南・広東・広西省などに雨を降らせたことに続き、台風4号が東南部福建・浙江省に上陸する予想があるということだ。太平洋で含んだ水蒸気を内陸地方に雨として降らせる場合、安徽省など長江下流地域にも影響を及ぼしかねない。

三峡ダムは長江上流の雨は貯めておきながら、下流には水を放出しにくい状況に置かれることになる。

中国は2カ月近く続く南部地方の洪水で水害民が5000万人を超えることが伝えられた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기