본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

体重320キロの歌手B.I.G.JOEさん、手術の途中で死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

歌手B.I.G.JOEさん[写真 ユーチューブ]

健康状態が悪化して入院中だった歌手B.I.G.JOEさん(ビッグ・ジョー、43・実名バルク・ジョセフ)が亡くなった。

京畿道金浦市(キョンギド・キンポシ)所在のある病院に入院していたB.I.G.JOEさんは6日午後、亡くなった。

BJパク・ヒョンベはこの日、アフリカテレビを通じて「今日、B.I.G.JOEさんが亡くなった。ファンのみなさん、ともに行って謹んで故人の冥福を祈ってほしい。最後の道を温かくしてくださるよう願う」とし、「葬儀は7日午後から執り行われる」と明らかにした。

B.I.G.JOEさんはユーチューブチャンネル「オムサンヨン」に出演して活動してきたが、最近健康上の理由で活動を中止した。彼はヨーヨー現象で体重が320キログラムまで増加した。

昨年12月27日オムサンヨンとヒョンベはユーチューブを通じてB.I.G.JOEさんの近況を伝えたりもした。当時、放送でB.I.G.JOEさんは「腎不全と糖尿など健康が悪化した」と明らかにした。

一方、1978年韓国人母親と米国人父親の間で生まれたB.I.G.JOEさんは、長い間アンダーグラウンドでラッパーとして活動して2008年グループ「ホラダン」でデビューした。当時彼は体重250キロで注目をあびた。その後、有名トレーナーのショーン・リーとともに100キロを減量したが、ヨーヨー現象で体重が再び増えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기