본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

会見拒否・うつ告白の大坂なおみ、東京五輪は問題なし

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
女子テニスランキング世界2位の大坂なおみ(24、日本)が東京オリンピック(五輪)では記者会見出席の負担を抱かなくてもよい。

日本のテニスデイリーは23日、「五輪でメダリストは競技終了後の記者会見に出席するのが通例となっているが、出席を拒否したとしても、それを理由に選手に罰などを課すことはないと、日本オリンピック委員会(JOC)が明らかにした。また、国際テニス連盟(ITF)の規則に準拠すると、東京五輪に出場するテニス選手はメディア関係者がアクセスできる取材エリアを通過することは求められるが、質問に答える必要はない」と伝えた。

大坂は全仏オープン棄権後にうつに悩まされてきたことを公表した。また「内省的な性格でもあり、記者会見やインタビューなど対外的に話すことに負担が大きかった」と明らかにした。

メジャー大会では選手に記者会見が義務づけられている。大坂は結局、全仏オープンの棄権に続いてウィンブルドンも欠場した。このため東京五輪も欠場するのではという見方もあった。

しかし18日、エージェントを通じて「東京のファンの前で競技をすることを楽しみにしている」とし、五輪出場の意向を明らかにした。日本企業の後援を受け、日本国籍で活動しているため、参加を決めたとみられる。

大坂はハイチ人の父と日本人の母の間に生まれ、日本国籍を選択した。大坂は東京五輪女子シングルスの優勝候補に挙げられる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기