본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<女子テニス>「インタビュー拒否」大坂、全仏オープン棄権…日本ネットユーザー「選手尊重を優先すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

大坂なおみ

女子プロテニス(WTA)シングルス世界ランキング2位の大坂なおみ(日本)が結局、全仏オープン棄権を宣言した。

大坂は1日(日本時間)、自身のSNSで全仏オープン2回戦から出場しないと発表した。大坂は自身のインスタグラムで「さよなら。これは私が意図した状況ではない。みんながパリでの試合に集中するには、私が辞退することがトーナメント、他の選手、私にとってベストと考えた」とし、棄権を宣言した。

大坂は「私が離脱を望んだのではない。ただタイミングが理想的でなく、メッセージがまともに伝わらなかったようだ」と遺憾を表した。続いて「私は2018年の全米オープン以降、長い間うつ病に悩まされてきた。テニスの記者はいつも私に親切だが、ただ私は人前で話すのが苦手で、記者会見の前には緊張とストレスを感じる。それでここパリで私自身の健康権を行使して記者会見を拒否するのが最善の選択だと考えた」と告白した。

大坂は「しばらくコートから離れるが、時期が来ればツアーと協力し、選手やメディア、ファンにとってより良くするための方法を話し合いたい」とコメントした。

大坂は27日、メディアの記者会見が選手の精神状態を尊重しないという理由で全仏オープン期間中は記者会見にも応じないと明らかにした。

これに対し大会組織委員会は選手はメジャー大会でインタビューに応じる義務を負うとし、大坂を1万5000ドルの罰金処分とし、記者会見拒否が続けば大会失格と4大大会への出張停止など厳格な処分もあり得ると強調した。

今回の件と棄権宣言に日本のメディアや国民は当惑する一方、大坂の選択を支持した。

ある日本のネットユーザーは「特に敗れた選手へのインタビューは苦痛だ。浅田真央のインタビューで選手の重い気持ちを傷を見てきた。大坂の言葉は正しい」とコメントした。別のネットユーザーは「インタビューを義務づけるにはインタビューの倫理的な質と選手尊重が先に保障されるべきだ」と指摘した。

一方、朝日新聞は、大坂が棄権を宣言したことについて、今後4大大会の出張停止につながることもあると憂慮した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기