본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

世界女子テニスは大坂なおみ時代

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
世界女子テニスは「大坂時代」だ。

大坂なおみ(23、日本、世界9位)が13日(日本時間)、米ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターで行われた全米オープン女子シングルス決勝で、ビクトリア・アザレンカ(31、ベラルーシ、27位)をセットスコア2-1(1-6、6-3、6-3)で退けて優勝した。優勝賞金は300万ドル。今回の優勝で大坂は世界3位に浮上した。

大坂は2018年の同大会で「テニス女帝」セリーナ・ウィリアムズ(39、米国、8位)を破り、生涯初めてメジャー大会の頂点に立った。当時、ウィリアムズが審判に抗議して「ゲームペナルティ」を受け、米国のファンが審判にブーイングするなど競技の雰囲気は良くなかった。メジャー初優勝だったが、大坂はインタビューで「申し訳ない」とコメントした。しかしこの日は笑顔で堂々と優勝トロフィーを掲げた。

大坂は2018年の全米オープン、2019年の全豪オープン、今年の全米オープンとメジャー3勝目を挙げた。男女合わせてアジア国籍の選手では初めてメジャー大会シングルス優勝3回を達成した。アジア国籍選手でメジャー大会シングルスで優勝したのは2011年全仏オープンと2014年全豪オープン女子シングルスを制した李娜(38、中国、引退)だけだ。現役女子選手のうちメジャー大会シングルスで3回以上優勝した選手はセリーナ・ウィリアムズ(23回)、ビーナス・ウィリアムズ(40、ともに米国、7回)、キム・クライシュテルス(37、ベルギー、4回)、アンゲリク・ケルバー(32、ドイツ、3回)と大坂の5人。大坂だけが20代の年齢で、そのほかの4人は30代以上だ。

大坂は世界女子スポーツ選手のうち収入1位。米経済誌フォーブスが5月に発表した2020年女子選手の収入ランキングで、昨年まで4年連続1位だったセリーナ・ウィリアムズを抜いた。大坂は3740万ドルで1位になった。過去1年間の賞金は340万ドルで、後援支援金などで3400万ドルを稼いだ。

大坂はハイチ出身の米国国籍の父(レオナルド・フランソワさん)と日本人の母(大坂環)の間に生まれた。日本と米国の市民権を持つ。大阪で生まれた大坂は母の姓を名乗り、容貌は父に似ている。身長も180センチと大きく、肌の色も濃い。優れたパワーと実力は女子テニスを代表するスター、セリーナ・ウィリアムズを連想させる。

テニスは米国で習った。3歳の時に家族と共に米ニューヨークに移住し、父の勧めでテニスを始めた。16歳から米フロリダ州テニスアカデミーで練習した。こうした背景のために日本語は流ちょうでない。それでも大坂は「和食を食べておいしいと思う時、自分が日本人だと感じる」と話した。その一方で自分を「黒人女性」と考えている。

テニス界では日本国籍選手として活動するが、容貌は黒人に近いため、大坂のアイデンティティをめぐってはいろいろな話があった。代表的な事例が2019年に大坂が世界1位になった時だ。一部の日本人が大坂について「本当に日本人なのか」と疑問を提起した。

こうした経験のためか、大坂は人種差別問題に特に関心を見せている。新型コロナ感染拡大を防ぐために今大会の出場選手は競技をする時を除いてマスクを着用していた。大坂は人種差別をめぐる黒人被害者7人の名前を一人ずつ順にマスクに入れて登場した。大坂は「今大会はテレビで世界に中継された。多くの人にこの問題を話題にしてほしかった」と語った。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기