본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】G7サミットに参加する文在寅大統領の課題

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

昨年11月22日、テレビ会議で開かれた主要20カ国(G20)サミットで文大統領が発言する姿。[写真 青瓦台写真記者団]

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が11日から英国で開かれる主要7カ国(G7)サミットに参加する。韓国は本来加盟国ではないが、オーストラリア・インド・南アフリカ共和国とともに特別招請された。先進国クラブであるG7に招かれたのは、世界10位の経済規模を土台にした国際的地位を認められたということだ。ただし、高まった地位に似合った責任も重大だという点を一時も忘れてはならない。

G7サミットは例年行事ではあるが、特に、今年は格別の意味を持っている。新型コロナの大流行以降、初めて開かれる対面首脳会議だ。昨年、米国で開こうとしていたG7サミットは中止となり、G20サミットはテレビ会議形式で行われた。まだパンデミックが続いている状況であるにも世界トップが集まるというのはそのような必要があるという意味だ。その中で最も重要なのは、米中覇権競争が本格化する中で、民主主義国家の首脳らが一堂に会して中国の台頭に対応する共同の戦略を模索するという点だ。これは、バイデン米国大統領のD10(民主主義10カ国)外交構想とかみ合っている。バイデン氏はG7に韓国・オーストラリア・インドを加えたD10首脳会議の構想を就任前から明らかにしてきた。これに南アフリカ共和国が合流したのが今回のG7会議の陣容だ。バイデン政府は中国を「安定的で開放された国際秩序に深刻に挑戦する国」とし、これに対応するための民主主義国家の連帯を主導している。

実際に、今回のG7拡大会議の第2セッションのテーマは「開かれた社会と経済」に決まった。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「開かれた社会の核心価値を守るために類似した立場をもつ国どうしの連携を強化する方策が議論される予定」と説明した。ホワイトハウスがG7開幕を控えて半導体・バッテリー・レアアース・製薬など4大分野のサプライチェーン構築報告書を発表したことからも、今回の会議の議論の方向を読むことができる。

今回のG7会議で文在寅(ムン・ジェイン)大統領がどのような原則と立場を明らかにするべきかは先月韓米首脳会談後に発表された共同声明の中に正解がある。当時、共同声明は「韓米は規範に基づいた国際秩序を阻害、不安定、または威嚇するすべての行為に反対する」と明記した。世界的なサプライチェーンの再編に韓国が主導的に参加するのも韓米首脳会談で合意した事項だ。このような合意に署名した文大統領の真意をめぐり、様々な疑問が提起されたりもしたが、今回のG7サミットでもう一度明確な立場を明らかにすることでそのような疑問を一蹴する必要がある。

今や国際秩序が巨大な変化の波に乗っている。この時期に、ややもすると判断を間違えば、未来には予期せぬ災難に直面するかかもしれない。昨今の米中対立は力の競争だけでなく、価値競争の様相を見せているということを見過ごしてはならない。大韓民国がどのような価値を追求し、どの位置に立つのかに対する明確な立場を文大統領が国際外交の舞台で堂々と表明してほしい。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기