본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国次期大統領選挙今後の構図…李在明氏の独走か3強体制か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

12日にソウルメディア大学院大学上岩研究センターで開かれた民主平和広場の設立式に李在明京畿道知事(前列右から4人目)と趙正シク議員(前列右側5人目)、李鍾ソク元統一部長官(前列右から3人目)らが参加し必勝を叫んでいる。趙正シク議員は李海チャン系に挙げられ、李元長官は盧武鉉政権で働いた。オ・ジョンテク記者

次期大統領選挙が10カ月先に迫る中で、与党「共に民主党」から大統領選挙出馬宣言が続いている。現在まで大統領選挙出馬が確実視される走者は7人だ。先頭グループの李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事、李洛淵(イ・ナギョン)前代表、丁世均(チョン・セギュン)前首相を筆頭に、朴用鎮(パク・ヨンジン)議員と梁昇晁(ヤン・スンジョ)忠清南道(チュンチョンナムド)知事がそれぞれ9日と12日に出馬を公式化した。李光宰(イ・グァンジェ)議員と金斗官(キム・ドゥグァン)議員も近く出馬宣言をする予定だ。これまで80年代に大学に入学した60年代生まれを意味する「86グループ」の任鍾晳(イム・ジョンソク)前大統領秘書室長と李仁栄(イ・インヨン)統一部長官、現役自治体首長の金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道(キョンサンナムド)知事と崔文洵(チェ・ムンスン)江原道(カンウォンド)知事、そして柳時敏(ユ・シミン)元保健福祉部長官と秋美愛(チュ・ミエ)元法務部長官が潜在候補群として名前が挙がっているが、現在では秋元長官を除いてレースから遠ざかったというのが党内外の評価だ。

現在の支持率で7人の現状を見ると、李在明知事が先頭を走り、李洛淵前代表と丁世均前首相が後を追う「1強2中4弱」の構図だ。8~11日にクキニュースの依頼を受けハンギルリサーチが調査した民主党大統領選挙走者支持率は、李在明氏が32.3%、李洛淵氏が15.4%、丁世均氏が5.0%の順だった。次いで朴用鎮氏が3.8%、金斗官氏が1.1%、李光宰氏が0.4%で、梁昇晁氏は調査に含まれなかった。

現在の構図が続くのか揺れ動くのか、今後の構図に対する専門家らの予想は概ね3つ程度に分かれる。

(1)1強2中4弱=まず多くの専門家は現在の構図が続くものと予想する。根拠は4カ月以上大きく変動していない現在の支持率の流れだ。湖南出身で長い政治キャリアの中で組織力を育てた李前代表と丁前首相が虎視耽々と追撃を狙うだろうが、基本的には李知事の独走が続くというのが彼らの分析だ。

李知事の持続的な強さを予想する専門家らは、特に親文在寅(ムン・ジェイン)・親盧武鉉(ノ・ムヒョン)派に向けた李知事の積極的な勢力拡張の動きに注目している。慶熙(キョンヒ)大学のイ・ジンゴン教授(政治外交学)は中央日報に「ひとまず大勢論が形成されれば、大統領が出ても構図は大きく変わらない」と話す。

(2)3強4弱=李前代表と丁前首相が李知事を追撃する可能性に注目する見方だ。「李前代表の場合、競争力や潜在力に比べて評価をしっかりと受けられずにいる」(チャン・ソンチョル共感と論争代表)、「出発が遅れた丁前首相は支持率がまだ軌道に乗っていない」(イ・ジンゴン教授)という評価がこれに該当する。

2人の頼りは民主党の伝統的支持層である湖南だ。「なる人に票を集める」という表現通り、湖南の有権者はこれまで戦略的投票性向が強いという評価を受けている。釜山(プサン)・慶尚南道)出身である盧武鉉元大統領と文在寅大統領、全羅北道(チョンラブクド)出身である鄭東泳(チョン・ドンヨン)元統一部長官もやはり湖南での圧倒的支持を基に大統領候補になった。

最近李前代表と丁前首相が湖南争奪戦に死活をかけているのもこのためだ。それぞれ全羅南道出身の李前代表と全羅北道出身の丁前首相の2人のうち1人に湖南の票が集中すれば選挙戦の構図が揺れ動くことになるということだ。大統領リーダーシップ研究院のチェ・ジン院長は「まだ『なる人』を決められない湖南の民心がどこへ向かうかによって構図が大きく波打つだろう」と話した。

(3)1強6弱=大統領選挙が近づくほどトップを走る李知事に対する偏りが明確になるだろうという見方だ。「野党圏の尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検事総長の支持率が高いが、政権再創出に向け好むと好まざるに関わらず最も有力な対抗馬を押さないだろうか」(首都圏1年生議員)ということだ。

こうした意見を表明する人たちは「明確な親文在寅派候補を探すのが難しいため」と言い訳をする。

党内最大派閥である親文在寅派の票が数人に分散し李知事が独走する可能性が大きいということだ。当初親文在寅派を引き継ぐとみられた金慶洙慶尚南道知事は、インターネット上での違法な世論操作が行われた事件との関係から出馬の可能性は低い。チェ院長は「親文在寅派の勢力が複数の候補に分散する現象を見せており、彼らが再び固く団結して1人の候補を推すのは容易ではなさそうだ」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기