본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国与党、大統領と距離を置く…例外ない執権5年目の「苦難の行軍」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

盧泰愚大統領(当時)が1992年10月5日に民自党本部事務所で離党宣言をしている。[中央フォト]

大統領選挙を約1年後に控え与党が大統領と距離を置き始めた。与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)常任選挙対策委員長は先月31日、「政府・与党が住宅の現実を正しく把握できなかった」として不動産政策を公式に謝罪した。党代表時代にはマンション価格の急騰にも文在寅(ムン・ジェイン)政権の不動産政策を擁護した彼だった。

民主党の朴映宣(パク・ヨンソン)ソウル市長候補は先月28日、「ソウル・江南(カンナム)の再開発・再建築は公共主導だけに固執しない」と述べた。文大統領の「公共主導供給原則」と相反する発言だ。朴候補の選挙垂れ幕に文大統領の姿を見つけることはできない。2018年の地方選挙、昨年の総選挙の際に民主党の候補らが選挙公報などで文大統領との関係を誇示したのとは全く異なる姿だ。当時と違う点は文大統領の支持率が30%台に落ちたということだ。

◇執権5年目「苦難の行軍」

任期末の与党が大統領の名前を消すのは今回の政権だけの現象ではない。次期大統領選挙を準備しなければならない与党に支持率が急落した大統領はお荷物も同然の存在だった。執権5年目には例外なく党と青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の関係が遠ざかり、大統領は与党の支援なく「苦難の行軍」をした。1987年の改憲で大統領5年単任制が導入された後に現れた共通の様相だった。

盧泰愚(ノ・テウ)元大統領から盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領まで党と青瓦台の対立は大統領の与党離党で現れた。盧泰愚元大統領は忠清南道燕岐郡(チュンチョンナムド・ヨンギグン)の官権選挙問題で任期を6カ月ほど残して離党した。「官権選挙介入の悪い習慣を清算する」が理由だったが、実際には当時の民主自由党の金泳三(キム・ヨンサム)大統領候補との対立のため押し出されるように党を離れたという分析が一般的だ。

金泳三元大統領は執権5年目に二男の金賢哲(キム・ヒョンチョル)氏が捜査を受け本格的なレームダックが始まった。すると当時の新韓国党の李会昌(イ・フェチャン)大統領候補が記者会見まで開いて離党を要求した。結局金元大統領も党を離れるほかなかった。盧元大統領と金元大統領の離党を導いたのはいずれも次期与党大統領選挙候補だった。

金大中(キム・デジュン)元大統領の任期末は陳承鉉(チン・スンヒョン)ゲート、李容湖(イ・ヨンホ)ゲートなど各種ゲートで汚された。決定打は3人の息子の各種不正疑惑だった。金元大統領は大統領であり同時に与党総裁だったが、与党議員の攻撃が始まった。離党要求も出てきた。結局金元大統領は次期大統領選挙を7カ月余り後に控え新千年民主党を離党するほかなかった。

◇与党議員の賛成票で弾劾された朴前大統領

盧武鉉元大統領は執権の当初から党と青瓦台の関係でふらついた。結局盧元大統領は任期開始から7カ月で新千年民主党を割って出て開かれたウリ党の創党を主導した。だが盧元大統領は任期末にはウリ党からもそっぽを向かれる。不動産政策失敗、実兄の土地投機疑惑などで盧元大統領の支持率が任期4年目末に10%台まで急落したためだ。与党議員の離党要求に結局盧元大統領も次期大統領選挙を10カ月ほど残して自身が作ったウリ党から離党した。

任期末の大統領の離党慣行が途絶えたのは李明博(イ・ミョンバク)元大統領の時だ。私邸をめぐる疑惑など与党のハンナラ党内で李大統領の離党要求があった。だが当時の朴槿恵(パク・クネ)セヌリ党非常対策委員長が「大統領離党が解決策ではない」と反対し、離党の慣行は続かなかった。それでも任期末に党と青瓦台の関係が良かったわけではない。政策推進過程で与党と青瓦台はぶつかり合った。大統領選挙を控え与党の主導権が親李明博派から親朴槿恵派へ渡ったためだ。

朴槿恵前大統領は任期4年目の2016年後半から知人女性による国政介入スキャンダルがふくらみレームダックに入った。政局が悪化すると2016年11月に朴前大統領は自身が主導して作ったセヌリ党を離党した。同年12月に朴前大統領に対する弾劾訴追案が国会本会議で234票の賛成により可決する。セヌリ党議員128人が投票したが、このうち少なくとも62人が弾劾賛成票を投じたと分析される。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기