본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国、尖閣に遼寧空母編隊を派遣…「日本に対する警告」

ⓒ 中央日報日本語版

米第7艦隊所属のイージス艦「マスティン」の艦長(左)と副艦長(右)が、海上訓練中の中国空母「遼寧」を両足を欄干にのせたまま監視している。 [写真=米海軍]

中国官営Global Times(グローバルタイムズ)は「遼寧」空母編隊が尖閣諸島(魚釣群島)付近に進入し、偵察活動を行ったと29日、報じた。

同メディアは、「遼寧」と055型「南昌」と052D型「成都」など計6隻で構成された空母編隊が今月26日午後に宮古島南約160キロメートルの海上を北東に向かって航海したと伝えた。続いて27日、「遼寧」に搭載されたZ-18早期警報ヘリコプター1機が尖閣諸島東端の大正島(赤尾嶼)を飛行したと伝えた。

中国軍事管理・軍縮協会の徐光裕高級顧問は「遼寧」編隊の最近の動きは日本に対する警告であり、中国の抑止力を示すものだ」と評価した。また「人民解放軍は今後の中日関係の状況によって該当海域での活動を定例化するだろう」と付け加えた。

一方、Global Timesは米国海軍駆逐艦が「遼寧」編隊の陣容を破ったという台湾メディアなど外信報道に関連し、公海上では普通に起きることだと一蹴した。また、公海上での衝突を回避するために一定の距離を維持するのは国際規定だと付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기