본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

敗訴の李容洙さんが涙…「国際司法裁判所にいく」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

慰安婦少女像

「本当につらい」。

21日、旧日本軍慰安婦被害者20人が日本を相手に提起した損害賠償請求訴訟で敗訴の趣旨の判決が出ると、訴訟当事者として出席した李容洙(イ・ヨンス)おばあさんが口にした言葉だ。車椅子に乗って韓服姿で法廷に出席した李さんは宣告の途中に席を外した後、心境を明らかにした。途中、目を赤くしながら言葉を続けることができない姿を見せた。

法廷を出た李さんはソウル中央地裁の前で、慰安婦問題の国際司法裁判所(ICJ)付託を改めて強調した。李さんは「結果がどうであろうと(法廷で)聞いた言葉はすべて今(敗訴趣旨)のように出てきた」とし「この裁判の結果が良く出ようと悪く出ようと、国際司法裁判所に行く。必ず行く」と声を高めた。

これに先立ち李さんは14日、ソウル鍾路区(チョンノグ)日本大使館を訪れ、菅義偉首相側にICJ付託を促す内容の書簡を伝えた。当時、李さんは「日本が過ちを確実に明らかにし、謝罪をしてこそ、私は名誉を回復する」とし「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本の首相を理解させ、国際司法裁判所に行って過ちを確実に明らかにするというのが私が願うこと」と明らかにした。

李さんは「この事件の関連被害者は別にいるのではない」と述べた。正義記憶連帯とは別に記者会見を行うことになったことについては「この事件には正義記憶連帯などが別にあるのではなくて、私はすべての被害者のために席に立った」と明らかにした。

これに先立ち昨年11月に開かれた弁論期日に出席した李さんは判事に対し「私はいくらも残っていない」とし「90歳を超えるまでこのように判事の前で訴えなければいけないのか」と賠償判決を強調していた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기