본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

慰安婦被害者、日本相手取り起こした2件目の損害賠償訴訟で敗訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

慰安婦少女像

旧日本軍慰安婦被害者が日本政府を相手取り韓国の裁判所で起こした2件目の損害賠償請求訴訟で原告が敗訴した。1月の1件目の損害賠償訴訟とは正反対の結果だ。

ソウル中央地裁は21日、クァク・イェナムさん(故人)と金福童(キム・ボクドン)さんら被害者と遺族20人が日本政府を相手取り起こした損害賠償請求訴訟で原告敗訴の判決を下した。

裁判所は日本の主権免除を認め裁判管轄権がないと判断した。

主権免除とは主権国家は他国の裁判管轄権から免除されるという原則だ。被害者側は「主権免除は不滅の法理ではなく重大な人権侵害事案にまで適用することはできない」と主張してきた。

この日の判決は韓国の裁判所が1度日本の慰安婦賠償責任を認めたのに続く2例目の結論のため注目される。

これに先立ちソウル中央地裁は1月にペ・チュンヒさん(故人)ら慰安婦被害者12人が同様の趣旨で起こした訴訟で、「日本の不法行為に主権免除を適用することはできない」として裁判管轄権を認め原告勝訴の判決を出した。この判決は日本が「控訴する考えもない」として無対応の原則を固守し確定した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기