본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>欧州球団と「意思疎通」の日本、欧州組14人招集…韓国は「公文書」で2人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

先月25日に開催された親善試合の韓日戦で競り合う李康仁(イ・ガンイン)と吉田麻也。 大韓サッカー協会

サッカー韓日戦の惨敗の傷はまだ癒えていない。

韓国代表は先月25日、横浜で日本代表と親善試合を行い、0-3の屈辱的な敗戦を喫した。最初から最後まで日本に圧倒された。特にパウロ・ベント監督と大韓サッカー協会(KFA)に非難が向かった。鄭夢奎(チョン・モンギュ)KFA会長は謝罪文まで出した。しかしファンの怒りは収まっていない。

今回の惨敗を眺めながら抱いた最も大きな疑問は、韓国代表と日本代表に含まれていた欧州組の数の差だ。韓国は李康仁(イ・ガンイン、バレンシア)と鄭優営(チョン・ウヨン、フライブルク)の2人だった。孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)は負傷で抜けたとしても、黄儀助(ファン・ウイジョ、ボルドー)、黄喜燦(ファン・ヒチャン、ライプツィヒ)、李在成(イ・ジェソン、ホルシュタイン・キール)は招集に失敗した。

一方、日本はA代表チームに欧州組が9人もいた。遠藤航(シュツットガルト)、鎌田大地(フランクフルト)、大迫勇也(ブレーメン)、吉田麻也(サムプドリア)、冨安健洋(ボローニャ)、南野拓実(サウサンプトン)、伊東純也(ヘンク)、守田英正(サンタクラララ)、浅野拓磨(パルチザン)だ。欧州組の数の差がまさに戦力の差だった。

日本は欧州組9人のうち8人を先発出場させ、韓国を焦土化した。さらに日本はAマッチ期間、U-24アルゼンチン代表との2回の親善試合のため、U-24日本代表に欧州組5人を集めた。中山雄太(ズヴォレ)、菅原由勢(アルクマール、以上オランダ)、食野亮太郎(リオ・アヴェ、ポルトガル)、久保建英(ヘタフェ、スペイン)、三好康児(アントワープ、ベルギー)だ。

一方、U-24韓国代表には欧州組が1人もいなかった。A代表が選抜した欧州組の李康仁と鄭優営はU-24代表チームの年齢帯の選手だった。

韓国の2人と日本の14人。何がこの差を生んだのか。韓国日刊スポーツ(IS)の取材の結果、欧州球団との「意思疎通の差」であることが分かった。これはすなわち「行政力の差」だ。

日本サッカー協会(JFA)は昨年2月、理事会を開き、欧州にJFAの拠点を新設する案を通過させた。欧州組のコンディション低下でAマッチの不振が続くと、JFAが欧州組を担当するシステムを構築したのだ。

理事会は「欧州で活躍する選手は約50人で、代表メンバーの多数が欧州クラブに所属する選手だ。欧州の所属チームと良い関係を維持することが日本選手の代表チームでの活動に非常に重要となる。選手のコンディション、けがの状態などを直ちに把握し、メディカルケアもできる。代表チームの招集交渉も担当する」と設立理由を明らかにした。

欧州オフィスは当初、昨年4月の開設を目標にしていたが、新型コロナの影響で延期された。結局、昨年10月にドイツのデュッセルドルフに事務所を開設した。公式名称は「JFA欧州オフィス(Japan Football Association Europe Office)」だ。

これは急造されたものではない。JFAは「Mid-Term Plan(2021-24)」という中期計画を樹立した。2020東京五輪メダル、2022カタールワールドカップ(W杯)ベスト8、2023オーストラリア・ニュージーランド女子W杯優勝などの目標を提示し、これを達成するための具体策を用意した。日本サッカー全体の成長方向とマーケティング、グローバル影響力の拡張など総体的な方向が反映されている。欧州オフィスもこの計画案に含まれた過程の一つだ。

日本側の関係者からさらに詳しい説明を聞くことができた。この関係者は「JFA欧州オフィスには多数のテクニカルディレクターが勤務している。JFA本社の国際部職員も派遣されている。欧州クラブと良い関係を常に維持し、いつでもクラブを直接訪問し、ミーティングをする。時差などのさまざまな問題で日本との意思疎通が難しかった点を解決することができた」とし「3月のAマッチ日本代表招集も欧州オフィスの人たちが欧州のクラブと直接会って進めた」と明らかにした。

別の関係者は「欧州球団と着実に関係を築いてきたため、新型コロナの中でも多くの選手を招集することができた」と分析した。

韓国日刊スポーツがJFAに直接尋ねてみると、JFAはこう答えた。

「JFAは国内外を問わず日本代表選手が所属する各クラブとは日常的にコミュニケーションを取っている。欧州組の場合、JFA国際委員や欧州オフィスに常勤する職員を通してコミュニケーションを図ってきた。3月の代表チームの活動もこれまでと同じ対応で進めた」。

韓国が欧州球団と意思疎通する方法は公文書と電子メールがすべてだ。KFA関係者は「一般的に選手招集のための方法は欧州球団に公文書を送り、調整する状況があればメールをやり取りする」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기