본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米紙「バイデン政権、まだ北朝鮮と接触せず…文政権と衝突も」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新しい北朝鮮政策を検討中のバイデン米政権が先月20日の発足以降、北朝鮮と公式接触をしていないという主張が出てきた。米国内では、新政権発足後に北朝鮮が挑発してきた前例があるだけに対北朝鮮メッセージを出すべきだという声があるが、まだこうした作業は進行していないという意味と解釈される。

ワシントンポスト(WP)は25日(現地時間)、外交・安保コラムニスト、ジョシュ・ロギン氏のコラム(タイトル「北朝鮮に関する時計が動いている。バイデンが先に動くべき」)から米当局者の言葉を引用し、このように報じた。

このコラムで政府当局者は「北朝鮮の弾道ミサイルと核兵器プログラムは過去4年間にさらに大きくなった」とし「その政権と武器ははるかに大きな脅威になった」と明らかにした。また「バイデン政権と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権の間の公式的な接触はなく、中国ともこの問題に関する実質的な意思疎通はほとんどなかった」と話した。

この当局者は「我々はある時点にはこの問題に対して中国と関与する必要があるだろう」とし「しかし我々は現在、同盟とパートナーに焦点を合わせている」と伝えた。

コラムでロギン氏は「バイデン政権の新しい対北朝鮮政策の検討は夏まで続くかもしれない」という見方を示した。また、米国の沈黙は北朝鮮の新たな核実験で終わる可能性があり、この場合、実質的な関係進展は難しく緊張が続くだろうと予想した。

◆「平壌とソウルの忍耐心は弱まっている」

ロギン氏は、任期末期を迎えた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の政治的切迫性がバイデン大統領の慎重な態度と衝突する可能性があると指摘した。また、ロギン氏は「平壌(ピョンヤン)とソウルの忍耐心は弱まっている」とし「バイデンチームはオバマ元大統領時の『待ちながら見守る』接近法の反復が作動しないことを知る必要がある」と指摘した。

続いて「バイデン大統領は戦略的忍耐を避けて外交的にまた関与すべきだが、今回は現実的な目標を持つ必要がある」とし、「バイデンチームは米国と同盟に対する脅威がはるかに悪化するのを防ぐため可能なすべてのことをしなければいけない。早いほどよい」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기