본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

EU、日本から来る旅行客を受けない…韓国など7カ国だけ許容

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
欧州連合(EU)が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の防止のために日本から訪問する旅行客を受けない計画だとブルームバーグとロイター通信が26日(現地時間)、報じた。

この日、ブルームバーグは匿名を求めたEUの職員を引用してEU政府が現行新型肺炎の大流行段階で自国を訪問できる国家名から日本を除外する計画だと伝えた。

これは最近、日本で感染者が増加したことに伴った措置だ。

日本は今月初め一日新規感染者が7000人台に達すると首都圏など11地域に緊急事態を発令した。26日基準で一日新規感染者数は3853人に減ったりしたが、依然として拡大傾向が深刻な状況だ。

EUは旅行客が訪問できる国家名である「ホワイトリスト」をアップデートし、米国を含む多くの国をこのリストから除外することにしたとこの関係者は話した。これに伴い、ホワイトリストに入った国家は韓国やオーストラリア、中国、ニュージーランド、ルワンダ、シンガポール、タイなど7カ国だ。

EU理事会は27日、ベルギー・ブリュッセルで開かれる会議で日本がさらに外された新しいホワイトリストを承認する予定だとブルームバーグは付け加えた。

一方、EUは新型肺炎の拡大を防ぐために昨年3月中旬から第3国住民の不要なEU入国を防ぐ旅行禁止措置を導入した。だが、新型肺炎の拡大傾向が鈍化するとEU行政府格である執行委員会は昨年7月1日からEU域外国家から来る旅行客に対する入国制限を部分的に解除することを加盟国に勧告した。

EU加盟国は新型肺炎状況、新規感染者の発生傾向、対応措置など基準を考慮して旅行制限解除勧告対象国リスト、すなわちホワイトリストを作成して2週間ごとに見直して発表している。

EU理事会が昨年6月30日初めて作成して発表したホワイトリストには韓国など15カ国が含まれた。その後、セルビア、モンテネグロ、アルジェリア、モロッコ、カナダ、チュニジア、ジョージア、ウルグアイなど8カ国がリストから外され、シンガポールが追加された。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기