본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

李在鎔サムスン電子副会長、初めて獄中メッセージ…「サムスンは道を進み続けるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

18日午後、ソウル高裁で開かれた破棄差し戻し審判決公判に向かう李在鎔サムスン電子副会長。 ウ・サンジョ記者 ウ・サンジョ記者

李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が26日、役職員に「私が至らず、また心配をおかけすることになった。動揺するなく心を一つにしてほしい」とコメントした。この日午前、サムスングループの社内用イントラネット「サムスンノックス」(samsungknox.com)でだ。18日の「国政壟断」破棄差し戻し審で2年6月の実刑判決を言い渡されてソウル拘置所に収監中の李副会長が、役職員に「獄中メッセージ」を出したのは今回が初めて。

26日午前、金己男(キム・ギナム)、キム・ヒョンソク、高東真(コ・ドンジン)サムスン電子代表取締役名義で伝えられたメッセージで、李副会長はまず「サムスンの家族の皆さん、私が至らずまた心配をおかけすることになった」とし「過去数年間、サムスンは厳しい事情があったが、皆さんが黙々と働いてサムスンを守ってきたことに感謝している。今までそうであったように今後も動揺することなく心を一つにしてほしい」と呼びかけた。

特に、自身が収監中でもサムスン電子をはじめとするサムスン系列会社は投資と雇用創出、社会的責任を果たしてほしいと伝えた。

李副会長は「私が直面している状況とは関係なく、サムスンは行くべき道をずっと進んでいかなければいけない」とし「国民と約束した投資や雇用創出など本分に忠実であるべきで、社会的な責任を果たすサムスンに生まれ変わる必要がある」と強調した。自身については「自粛しながら謙虚に自らを省察する」とコメントした。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기