본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「ホットな国、韓国の文学」…スペイン小説家がK-文化を礼賛

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

スペイン・バレンシア州最大のオンラインメディア「バレンシアプラザ(Valencia Plaza)」に紹介されたスペインの小説ブランディーナ氏の韓国文学に関する寄稿文。[写真 「バレンシアプラザ」キャプチャー]

スペインの小説家アルベルト・トーレス・ブランディーナ(Alberto Torres Blandina)氏が「K-文学:ホットな国、韓国を探求するための文学作品(K-literatura:algunos libros para adentrarse en Corea,el pais de moda)」という記事を通じて韓国文学を紹介して目を引いている。

文化ジャーナリストとしても活動しているブランディーナ氏は、スペイン・バレンシア州最大のオンラインメディア「バレンシアプラザ(Valencia Plaza)」に韓国の小説家である韓江(ハン・ガン)、殷熙耕(ウン・ヒギョン)、崔仁勲(チェ・インフン)各氏とあわせて霊性について真剣に探求している瞑想家の禹明(ウミョン)氏の著書も紹介した。

ブランディーナ氏はまず文学小説を通じて、韓江の『菜食主義者』は「象徴と美しさを装着し、韓国文学の出入口になった」とした。崔仁勲の『広場』は「学校で学ぶ韓国の古典小説の一つ」とし「この国の考え方を理解する際に役立ちと想う」と紹介した。また殷熙耕の『鳥の贈り物』は「韓国が今のように裕福で産業化される直前の話だ。作品が書かれた当代の韓国政治、社会状況と世代的特性を深く見つめることができる」としている。

韓国小説に対する分析とあわせて目を引くのは「韓国の霊性探求もまた、スペインに向かって道を開いている」と紹介した部分だ。ブランディーナ氏は禹明氏が書いた『本物になれる所が本物だ』のような瞑想に関する本は「私たちが一生撮ってきた、まるで『真実』のように頭の中にしまい込んできたその『写真』から自由になる方法に関して語っている」と紹介する。

『本物になれる所が本物だ』は、マインドフルネス瞑想の創始者であり著述家である禹明氏の9冊目の著書で、2014年エリック・ホッファー図書上位員会が授与するモンテーニュメダルを受賞したことがある。

ブランディーナ氏はバレンシア大学で小説を教えていて、彼の小説『Cosas que nunca ocurririan en Tokio(東京では絶対起こりえないこと)』は2010年フランスで最高の外国小説に与えられるSaint-Georges賞を受賞している。2019年には韓国とスペインの芸術文化専門家の交流のために土地文化財団が主催したレジデンスプログラムに交換作家として参加し、3カ月間滞在して執筆活動を行ったこともある。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기