본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

劉承ミン元議員、朴元大統領の懲役20年確定に「文大統領、朴氏の赦免決断を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

劉承ミン元議員。[中央フォト]

劉承ミン(ユ・スンミン)元国民の力議員は韓国最高裁が14日、朴槿恵(パク・クネ)元大統領に対し懲役20年を確定したことを受け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に「赦免の決断」を求めた。

劉元議員はこの日、フェイスブックで「きょう、朴槿恵大統領に対する最高裁の最終判決があった」とし「私たちの憲法が大統領に赦免という超司法的権限を付与した意味を考えてみてほしい」と述べた。続けて「司法の決定を越え、より大きな大義があるとき、大統領が赦免という高度の政治行為を取ることができるようになっている」と説明し、「(赦免は)ひとえに国民統合、国の品格と未来だけを見て、大統領が決断すること」と述べた。

劉元議員は、李洛淵(イ・ナギョン)共に民主党代表が元大統領の赦免に言及したことを指摘し、「私は積極的に歓迎し、李代表の提案が本心であることを願うと言った」とし「しかし、親文勢力が反対すると、李代表は『当事者の反省と国民の共感』と言葉を変え、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)は『国民の目線』を語った」と批判した。

続けて「結局、赦免しないという言葉と見て取れる」とし「『当事者の反省』を求める与党圏と支持者の狭量に大統領が振り回されないことを願う」と述べた。

劉元議員は「元大統領の赦免をめぐり、上辺ばかりの政治ショーもしないことを願う」とし「国民の目線という口実を求めず、選挙に利用する考えもしないでほしい」と求めた。

これに先立ち、最高裁3部〔主審・盧泰嶽(ノ・テアク)最高裁判事〕は同日、特定犯罪加重処罰などに関する法律違反(買収)などの疑いで起訴された朴元大統領の上告審で、懲役20年を宣告した原審を確定した。裁判部は、朴元大統領の在職中の賄賂関連の疑いに対し懲役15年に罰金180億ウォン(約17億円)、賄賂以外の職権濫用権利行使妨害の疑いなどについて懲役5年を宣告した。また、追徴金35億ウォンを言い渡した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기