본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国与党代表「朴元大統領、国民の傷に寄り添い謝罪を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表。オ・ジョンテク記者

韓国与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表は14日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の国政壟断事件確定判決に関連して「朴前大統領は国民の深い傷に寄り添い、国民に率直に謝ってこそ正しい」と述べた。

李代表はこの日午前、国会で記者団と会って「大法院(最高裁)の確定判決がろうそく革命の偉大な精神を確認し、大韓民国の民主主義の発展を確固たるものにする契機になるよう願う」と明らかにした。

新年初めに言及した赦免論に関連しては「適切な時期に赦免を建議すると話したことがある」とし「それに対し、党は国民の共感と当事者の反省が重要だということで意見をまとめた。私はそれを尊重する」と説明した。

大法院3部(主審ノ・テアク大法官)はこの日、特定犯罪加重処罰法上わいろと職権乱用権利行使妨害などの容疑で起訴された朴前大統領の再上告審で、懲役20年・罰金180億ウォン(約17億円)を宣告した原審を確定した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기