본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文在寅大統領、新年支持率34.1%…否定評価は67.1%で過去最高値

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅大統領が2日午前、閣僚らとともに国立ソウル顕忠院を訪れ、顕忠塔で焼香した後黙祷している。[写真 青瓦台写真記者団]

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行に対する否定評価が60%を超え就任後最高を記録した世論調査結果が3日に出てきた。支持率(肯定評価)は5週連続30%台にとどまっている。

リアルメーターがYTNの依頼で1~2日に全国の成人男女1000人を対象に調査した結果、文大統領の国政遂行に対する肯定評価は34.1%だった。

反対に否定評価は61.7%で現政権発足後にリアルメーターが実施した調査で最も高くなった。

肯定評価と否定評価の格差は27.6ポイントだ。

政党別支持率は野党「国民の力」が34.2%、与党「共に民主党」が28.7%と誤差範囲内で「国民の力」がリードした。

続けて「国民の党」が9.9%、正義党が5.6%、「開かれた民主党」が4.2%の順となった。

だが4月に補欠選が行われるソウルでは「共に民主党」が33.9%、「国民の力」が30.5%と誤差範囲内で民主党が上回り、釜山(プサン)、蔚山(ウルサン)、慶尚南道(キョンサンナムド)では「国民の力」が42.6%、「共に民主党」が21.9%で、「国民の力」がリードした。

今回の調査は1月1日と2日に全国の満18歳以上の男女1000人を対象に実施した。標本誤差は95%信頼水準に±3.1ポイントだ。詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会のホームページに掲載されている。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기