본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領の支持率38.2%…3週連続30%台

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行支持率が先週より1.5%ポイント上昇し、38.2%を記録したという世論調査結果が17日、発表された。史上最低値を記録した先週(36.7%)よりは上昇したが、3週連続で30%台に留まった。

リアルメーターがtbsの依頼で14~16日の3日間、全国の満18歳以上の1507人を対象に調査した結果、文大統領の国政遂行支持率(肯定評価)は、前週より1.5%ポイント(p)増の38.2%だった。

11月第4週の43.8%から12月第2週は36.7%と2週間で7%ポイント以上の急落から抜け出して小幅上昇したが、3週連続で30%台に留まった。

否定評価は59.1%で0.9%ポイント上昇し、肯定・否定評価の差は20.9%ポイント。わからない・無回答は2.4%ポイント減の2.7%という集計結果となった。

圏域別では釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)・慶尚南道(キョンサンナムド、6.2%p)、ソウル(6.1%p)で、理念性向と支持政党別では開かれた民主党支持層(7.4%p)、民主党支持層(3.9%p)、進歩層(4.7%p)、中道層(3.9%p)で上昇した。

リアルメーターは、今回の調査で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の急増とそれに伴うK防疫成果議論、高位公職者犯罪捜査処法などの強行処理、国民の力の金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長の元大統領に関する謝罪などが影響を与えたものと分析した。

特に文大統領が政局懸案に対して直接鎮火に乗り出したことで、メディアへの露出頻度とメッセージの強さが高かったと付け加えた。

政党支持率を見ると、国民の力が31.2%、共に民主党が29.9%で前週よりそれぞれ0.4%ポイント、0.9%ポイント下落した。両党間の格差は1.3%ポイントで誤差の範囲内だ。

国民の力は大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド、4.6%p↑)、仁川(インチョン)・京畿(キョンギ、3.8%p↑)、60代(4.6%p↑)など上昇に対し釜山(プサン)・慶尚南道(8.9%p↓)、ソウル(4.5%p↓)、進歩層(3.5%p↓)で下落した。 

民主党は釜山・慶尚南道(3.3%p↑)、20代(3.2%p↑)、進歩層(2.5%p↑)で上がり、光州(クァンジュ)・全羅道(チョルラド、13.8%p↓)、40代(4.5%p↓)などは下落した。

その他、国民の党7.8%、開かれた民主党7.0%、正義党3.4%の順だった。 

今回の調査は、携帯電話インタビュー(10%)、無線(70%)・有線(20%)の自動応答混用方式、携帯電話(80%)と固定電話(20%)の並行無作為生成票集枠組みによる任意のダイヤル方法で実施した。統計補正は2020年10月末の行政安全部住民登録人口統計基準で性別、年齢別、地域別のリム加重付与方式で行われ、標本誤差は95%信頼水準で±2.5%ポイントだ。回答率は4.8%。詳細は中央選挙世論調査審議委員会のホームページで確認できる。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기