본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

差別反対に率先した大坂なおみ、スポーツ界で最も輝いたスターに

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

大坂なおみ

米国経済専門誌フォーブスが今年のテニス全米オープン女子シングルスで優勝した大坂なおみ(23、日本)を「2020今年のスポーツ人物」に選定した。フォーブスは27日、「大坂は今年、世界ランキングが一時10位まで下がったが、女子選手のうち最も高い収入で健在を示した。コート内外で確実な存在感を見せた」と選定の理由を説明した。

大坂は2018年の全米オープン決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)を破って女子テニスの王座に就いた。昨年は全豪オープン、今年は全米オープンを制して3年連続でメジャー大会の優勝トロフィーを手にした。アジア国籍の選手がテニスシングルス世界ランキング1位になったのは男女合わせて大坂が初めて。

収入も大きく増えた。大坂は昨年6月から今年5月まで計3740万ドルを稼いだ。各種大会の賞金が340万ドル、スポンサーシップと広告出演料が3400万ドル。歴代女子選手を合わせて年間収入の最高額だ。その結果、5月にフォーブスが発表した女子スポーツ選手所得ランキングで1位になった。昨年まで4年連続1位だったウィリアムズを140万ドルほど上回った。

大坂はコートの外でも影響力を見せた。フォーブスは「大坂は人種差別に反対の声を出そうと自身の有名税を積極的に活用した。今年の全米オープン7試合では毎試合、人種差別による犠牲者の名前が入った新しいマスクを着用した。また、人種差別に抗議するため大会の棄権も考慮した」と伝えた。

大坂はハイチ出身の米国人の父と日本人の母の間に生まれた。大きな身長(180センチ)、肌の色は父と似ている。3歳の時に米ニューヨークに移住したため、日本語は自由に話せない。こうした理由のため一部では大坂の日本国籍に問題を提起する。

それでも大坂は自分のアイデンティティを「黒人女性」であり「日本人」と定義する。昨年、日本政府が「二重国籍を認めない日本の法律に基づき国籍を選択しなければいけない」と通知すると、米国国籍を捨てて日本国籍を選択した。偏見に屈することのない自信と勇気は大坂がスポーツ界の新しいアイコンに浮上する背景となった。

大坂は防弾少年団(BTS)の熱心なファンでもある。昨年、自身のインスタグラムで「BTSの曲『I need you』が好き」と明らかにし、注目を集めた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기