본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国与党議員「ワクチン接種、羨むことではない…K防疫で戦略を立てるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

共に民主党の金成柱議員。オ・ジョンテク記者

共に民主党の金成柱(キム・ソンジュ)議員が17日、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの確保が遅れているという批判に対し、「緊急事態に持ってもいないワクチンが唯一の解決策だと主張するのは、これまでよく維持してきた防疫前線を乱すだけだ」と反論した。また、金議員は「ワクチン接種を羨むのではなくK防疫に成功した自信をもとに、私たちのやり方の治療剤開発とワクチン確保戦略を立てるべきだ」と主張した。

金議員は、国会保健福祉委員会の民主党幹事兼民主党国難克服Kニューディール委員会防疫本部長を務めている。

金議員はこの日開かれた党政策調整会議で、「ワクチンは『ゲームチェンジャー』だとしても、『ゲームオーバー』ではない」とし「コロナ防疫に失敗した米国と英国がワクチンを開発し、先にワクチン接種を始めたからと言って、私たちが羨むのは正しいことか」と問い返した。また、米国と英国がワクチン開発の初期から莫大な税金を投資したという点を取り上げた。

ワクチンの需給と関連して、「心配な状況では全くない」とも述べた。▼4400万人のワクチンを確保しており、▼そのうち1000万人分は国際ワクチン連合を通じて配分されるもので▼アストラゼネカとは契約を終え、▼来週2社と追加のワクチンの供給を契約するという政府の発表を繰り返した。

ワクチンを確保できていないと攻撃する野党も批判した。金議員は「ついに(政党の)『国民の力』が『ワクチンが先』という垂れ幕を掲げた」とし「昨年秋、国民の力は十分に検証されたインフルエンザワクチンを信頼できないと言って不安を煽り、今度は安全性が適切に確認できていないコロナウイルスを急いで接種しなければならないと騒いでいる」と述べた。

また、「K防疫の成功と誇りを失敗に追い込んでいる」とし「政府と国民を違えて不信を助長することで答えを探しているようだ」と野党を強く批判した。「今までK防疫の成功が可能だったのは、国民は政府を信頼し、政府は国民を信じたからだが、最近、冬の第3波が始まって感染者数が増えると、『国民の力』が待っていたかのようにK防疫を失敗と無能に追い込んでいる」というのが金議員の主張だ。

金議員は「防疫の手綱を強化しなければならない緊急事態に、持ってもいないワクチンが唯一の解決策だと主張することは、私たちの警戒心を鈍らせ、今までよく維持してきた防疫線を乱し、私たちの医療システムが受け止めきれない危機を招くだけだ」と強調した。

金議員は「ワクチンはコロナから抜け出すのではなく、トンネルの終わりが見え始めていることを意味する」とし「当分の間、K防疫を徹底しながら感染者数を大幅に落とし、生活治療センターを大幅に拡充して病床の確保に注力しなければならならない」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기