본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本政府、文大統領のCPTPP加盟検討の発言に「高いレベルなのか見極める必要がある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

加藤勝信官房長官[中央フォト]

日本政府は8日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)」に加盟したいという意向を表わしたことに対して歓迎するという立場を明らかにしながらも高いレベルを満たす用意ができているか見極める必要があるとした。

共同通信によると、加藤勝信官房長官はこの日午後、記者会見で文大統領のCPTPP参加検討の言及に関連して「様々な国・地域による関心表明は歓迎したい」と述べた。

ただし、CPTPP加盟国は高い水準の市場アプローチと規則の整備が求められることを取り上げ、「高いレベルを満たす用意ができているかについては、しっかりと見極める必要がある」と指摘した。

これに先立ち、文大統領はこの日、ソウルCOEX(コエックス)で開かれた第57回貿易の日記念式で「市場の多角化を必ず成し遂げるべきだ」とし、「包括的・漸進的環太平洋経済パートナー協定(CPTPP)の加盟を引き続き検討していくだろう」と明らかにした。文大統領がCPTTP加盟の可能性を示唆したのは今回が初めてだ。

先月、中国が積極的に参加した東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に署名したム文大統領は米国が復帰を検討しているCPTPPに参加する可能性を残した。米中の間で韓国外交のバランスを取るための悩みが反映されたとみられる。文大統領が前日主宰した首席・補佐官会議では「米国ジョー・バイデン行政府発足以降、CPTPPとRCEPの調和を悩もう」という趣旨の議論があったと伝えられた。

アジア・太平洋地域経済同盟体であるCPTPPの出発点はTPPだ。2015年10月妥結したTPPは日本・米国など参加国が国内批准を推進していたところ、保護主義を主張するドナルド・トランプ氏が米大統領に就任してから米国の離脱で日本など11カ国中心のCPTPPに名称を変えて2018年12月30日発足した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기