본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ワクチン効果論議のアストラゼネカ「追加臨床試験を実施」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のワクチン

英国製薬会社アストラゼネカが効果に対する疑問が提起された新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のワクチンに対する追加臨床試験を実施すると明らかにした。

アストラゼネカの最高経営者(CEO)のパスカル・ ソリオ氏は26日(現地時刻)、ブルームバーグ通信とのインタビューで「私たちがより良い効果を見せる方式を発見しただけにこれを立証しなければならない。さらなる研究が必要だ」と話した。彼は追加臨床試験について「もう一つの国際的研究になるだろうが、すでに(低容量投薬方式が)効能が高いということが分かったため、さらに少ない数の患者に限って必要な分は早急に進められるだろう」と説明した。このために英国や欧州連合(EU)でワクチンの承認が遅れることはないだろうと見通した。米国では承認にもう少し時間がかかるものと予想した。

これに先立って、アストラゼネカは自社が開発しているワクチンの第3相臨床試験の結果、平均免疫効果が70%だと発表した。特に、1次接種の時は1回分定量の半分だけを投与して2次接種で1回分の定量を投与した人々の免疫効果が90%まで増加したと説明した。

ところが、アストラゼネカは1次接種で半分だけを投与したのが研究チームのミスのためだと認めた。しかも、1回目の投薬で1回分の半分を打った参加者の中で高齢層がいなかったという点と公開した分析結果が英国とブラジルでそれぞれ違う設計をした臨床試験の結果を総合した点など問題点が提起された。これによって専門家らは米国などでアストラゼネカの新型肺炎ワクチンの緊急使用承認の可能性が小さくなっていると評価した。

ブルームバーグ通信はアストラゼネカの新しい臨床試験が少ない量のワクチンを投与する場合、既存発表のように90%の免疫効果が有効なのかを明らかにするうえで活用されるだろうと報じた。

アストラゼネカの研究チームは服用量によって免疫効果が違う原因をまだ究明できずにいる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기