본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】韓国サッカー協会のコロナ惨事

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

チョン・ヨンジェ/スポーツ専門記者

新型コロナパンデミックの世の中で韓国は「K防疫」の効率性と優秀性で際立って見えた。そんな渦中に韓国サッカー代表チームとサッカー協会がコロナの泥沼にはまった。オーストリアで2度の親善試合を行った代表チームに10人の新型コロナウイルス感染者が出た。選手7人、スタッフ3人だ。

ゴールキーパーのチョ・ヒョンウ(蔚山)とクォン・チャンフン(フライブルク)、ファン・インボム(ルビン・カザン)、イ・ドンジュンとキム・ムンファン(釜山)、ナ・サンホ(城南)の6人はメキシコに2対3で敗れた第1戦が行われる前に陽性判定を受け早期に隔離された。ファン・ヒチャン(ライプチヒ)とスタッフ1人はカタールに2対1で勝利した第2戦直後の検査で陽性判定を受けた。

先の3回の検査で陰性だったファン・ヒチャンは最終検査結果がわからないままドイツに戻る飛行機に乗り、到着後に陽性判定の知らせを聞いた。球団は空港に車を待機させファン・ヒチャンを乗せて隔離場所のホテルに移動した。球団は食事とふとん、タオルなどを持ち込み慎重に予後を観察している。ファン・ヒチャンは陽性の知らせを聞いた時にはあわてていたが、いまは安定を取り戻したという。幸い発熱やせきなどの症状はなく、コンディションも悪くないらしい。以上はファン・ヒチャンの側近が私に教えてくれた話だ。

サッカー代表チームの大量陽性事態に対しさまざまなうわさが出ている。まずいまの世の中で「コロナの巣窟」である欧州まで行ってAマッチをしなければならなかったのかという恨み節だ。ゴールセレモニーをしながらさまざまな選手が入り乱れる場面もぞっとした。カタール戦でファン・ヒチャンがゴールを決めた後にソン・フンミンと抱擁する場面もあった。驚いたトッテナムはカタール戦が終わった直後にチャーター機を送ってソン・フンミンを迎えた。幸い復帰後に実施した検査でソン・フンミンは陰性判定を受けたとみられる。

選手らが宿舎で「マフィアゲーム」をしながら集団感染が起きたとの指摘も出た。マフィアゲームは5~10人が車座になり、親が秘密裏に指定したマフィアを探し出す一種の心理ゲームだ。自分の身分をだますために唾を飛ばす論戦を繰り広げたりもする。代表チームでは昨年10月に平壌(ピョンヤン)で開かれたワールドカップ・カタール大会地域予選の時からマフィアゲームが流行した。携帯電話が回収され統制された宿舎にいるため退屈しのぎにマフィアゲームを始めたという。オーストリア遠征に同行したA選手は「一度に10人でやったたこともある。ゲームの王様はソン・フンミンだった」と話した。

どのような経路で集団感染が起きたにしても代表チームの安全と衛生の責任を負うべきサッカー協会は批判を受けて当然だ。中央日報サッカーチーム長のソン・ジフン記者は6日付のコラムで今回の遠征に防疫担当官を連れて行くことを助言した。しかしサッカー協会は遠征代表チームの主治医を外科専門医から感染内科専門医に替える線でとどまった。主治医と防疫担当官の役割は全く違う。サッカー協会医務分科委員だったBさんは「主治医は負傷者や患者発生時に応急処置をするのが主な役割だ。今回は防疫最前線で選手の出入国動線、宿舎での行動などに対し明確な規則を提示しそれを順守するよう強制する外部専門家が必要だった」と話した。

サッカー協会はいくらかのお金を稼ぐために今回の遠征Aマッチを強行したのではないだろう。だからこそもっと細かく徹底した防疫対策を用意すべきだった。結果的にお金よりはるかに多くのものを失い、K防疫の輝かしい名前にダメージを与えた。球団の資産でもあり、体が財産である代表選手は有形・無形の苦痛を味わっている。

新型コロナウイルス第3波の兆しが見られ心配だ。週末に韓国シリーズを見に高尺(コチョク)ドームに行こうと、小規模の会合をしようと、「まさか」ではなく「ひょっとして」という気持ちで防疫マナーを守ることが重要だ。油断は惨事の父だ。

チョン・ヨンジェ/スポーツ専門記者、中央コンテンツラボ

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기