본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<サッカー>日本人監督と比較…ベトナムメディア「朴恒緒監督、新型コロナで自ら給与削減すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サッカーベトナム代表の朴恒緒(パク・ハンソ)監督

サッカーベトナム代表の朴恒緒(パク・ハンソ)監督は給与を自ら削減すべきだという現地の報道があった。新型コロナウイルスの感染拡大による経済的打撃を考慮する必要があるということだ。

ベトナムメディアのベトナムネットは2日(日本時間)、「新型コロナで世界のサッカーチームが緊縮している。朴恒緒監督も自ら給与を削減すべきだ」と報じた。

ベトナムネットは「コロナのためスポーツ産業が正常に機能せず、誰もが困難を経験している」とし「一部の選手とコーチは自発的な給与削減で困難を共有した」と強調した。

ベトナムネットの報道とは違い、ベトナムサッカー協会(VFF)は1日、新型コロナで朴恒緒監督の年俸を削減することはないと明らかにした状況だ。また、朴監督は最近、新型コロナ防疫および治療に使ってほしいとしてベトナム政府に5000ドル(約600万ウォン)を寄付した。

これに対しベトナムネットは「VFFは朴恒緒監督の年俸を簡単には減らせない。ほかの代表チームとは違い、VFFでなくベトナム大企業が代わりに年俸を出すため」とし「朴監督の寄付は良いが、今は仕事がないため、朴監督はもっと低い給与を受けるべき」と指摘した。

そしてタイサッカー協会(FAT)が新型コロナの影響で役職員を含めて西野朗監督の給与を削減したと伝えた。続いて「タイ代表の西野監督は給与を減らしてタイ代表チームを助けた。我々の監督もこれに続いて、第2の故郷のベトナムのためにより強い責任感を持って、より多くのことをしなければいけない」と主張した。

一方、新型コロナの感染拡大で世界サッカー界も財政的危機に直面している。欧州名門球団は選手団の給与を削減することにし、国際サッカー連盟(FIFA)も球団の財政健全性のために給与削減を奨励している。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기