본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】秋夕の民心に恐れをなしたか…主要懸案を曖昧に処理して片を付けようとする韓国与党

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国は秋夕(チュソク、中秋)を迎えている。新型コロナウイルス(新型肺炎)のせいで帰省が容易ではないが、それでも秋夕だ。いつも秋夕の民心は政局の流れの照尺役を果たしてきた。例年のように移動が自由でなくても、お互いの心を通じて伝えられる「民心風向計」は今回も回転するよりほかない。政府と与党はそれが怖かったのだろうか。そうでなければ何かに追われるように物事を曖昧に肩を付けようとしている姿はいったい何なのか。

秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官の息子の休暇未復帰疑惑に対して、検察が急いで免罪符を与えたことは秋夕の民心を考慮したごり押しとしか考えられない。実際、「秋美愛免罪符」に対する国民の怒りは相当高まっている雰囲気だ。ソウル東部地検はこの事件を配当された後、半年が過ぎてようやく調査に着手するなど9カ月間ためらいながら、秋夕を2日後に控えて電撃的に「無嫌疑不起訴」を発表した。先月の検察人事でこの事件の指揮ラインにいた検事たちが栄転し、親政府志向を示してきた検察幹部を東部地検長に座らせたことで推察はしていたが、秋夕を控えてこれを現実化する与党の無謀さには驚く。秋長官が休暇延長に関連し、電話をかけなければならない部隊支援将校の電話番号を補佐官に伝達したことなどは明らかな指示証拠で、これは秋長官の釈明も嘘であったことを裏付けている。それでも民心を冷遇して免罪符を発行した。この事件は絶対このまま見なかったことにして通り過ぎてはいけない。

また、西海(ソへ、黄海)上の公務員射殺事件をめぐり北朝鮮の表情だけを伺いながらも、どうにかしてやり過ごそうとしている与党の動きも秋夕の民心を気にしていることが明らかだ。海洋警察庁は「ライフジャケットを着ていた状況や潮流の方向などを総合してみると行方不明者は越北したと判断される」と明らかにした。続いて「賭博などで3億3000万ウォンの借金がある」ともした。これに先立ち、党内再発防止特別委員会委員長の黄熙(ファン・ヒ)議員は「さまざまなルートから得た韓米諜報によると、遺族には非常に残念で申し訳ないが、越北は事実と確認されつつある」とし、犠牲者の越北の試みを既成事実化した。北朝鮮に対しては低姿勢で一貫し、事故の責任が公務員にあるというような態度で本質を糊塗しようとするものでなければ何だろうか。いま国民が怒っているのは、その公務員が越北したかどうかではなく、国が国民の命をまともに守ることができない点、大統領と軍が何の努力もしなかった点にあることを肝に銘じなければならないだろう。

すでに尹美香(ユン・ミヒャン)の後援金私的流用疑惑事件、青瓦台の蔚山(ウルサン)市長選挙介入疑惑事件、柳在洙(ユ・ジェス)監察打ち切り疑惑事件などを通して、驚天動地のようなことが不思議とどれも龍頭蛇尾になるのを何回も目撃してきた。国民の公憤を買った事件が与党に不利だと思うと結果的に無罪になることが日常化していくのではないか恐ろしい。

今回のことも釈然とせず容認しがたい。誰よりも正しい姿勢が必要な法務部長官が嘘をついても責任を問わなかった。国民は亡くなったのに、殺した者を恨むよりも亡くなった者のほうに責任があるというような話をいとも簡単に口にする。もし与党がこの2つの事件を曖昧に片付けて秋夕の民心を落ち着かせることができると思ているのならそれは錯覚だ。民心は恐ろしい。本質を手の平で隠したとしても、長くは続かないどところが変わりさえしない。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기