본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<失踪韓国公務員銃撃>韓国野党圏「朴槿恵7時間攻撃していたのに…行方不明だった2日間何をしていたのか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

野党「国民の力」の議員たちが24日、国会ロタンダホールの階段で、北朝鮮軍銃撃によって死亡した公務員事件の糾弾大会を開いてスローガンを叫んでいる。オ・ジョンテク記者

韓国海洋水産部公務員イさん(47)に対する北朝鮮軍射殺後遺体き損事件に関連し、24日に開かれた国会国防委では与野党の合意で北朝鮮を糾弾する決議案を採択された。与野党ともに北朝鮮を糾弾する中で出てきた結果だ。

だが、両者の間には微妙な差がある。与党はイさんの越北を仮定し、政府責任論に広まることを遮断しようとした。野党では越北だったかどうかに関係なく、国民を救うための努力をするべきだっとし、事件発生から時間がかなり経過して公開した背景について厳しく追及した。

洪準杓(ホン・ジュンピョ)無所属議員は国防委で「セウォル号事件の時、『7時間という間、何をしていたか』とあらゆる憶測が飛び交い朴槿恵(パク・クネ)(前)大統領に攻撃をした。ところが今は2日以上という間、何をしていたか」とし「9月23日午前2時に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が録画した国連演説があるため避けられなかったと率直に話せば私もうなずく」とした。これに対して徐旭(ソ・ウク)長官は「国連演説とは関係ない」とした。続いて「北朝鮮がこのように天人共怒させるような問題を起こすだろうとは考えもしなかった」とし「コロナに対して切歯腐心しているとみられる」と主張した。

野党「国民の力」の河泰慶(ハ・テギョン)議員は「文大統領に『演説してはいけない。北朝鮮を糾弾しなければならない』となぜ言うことができなかったのか」と詰め寄った。徐長官は「大統領に間違って仕えているようだ」とした。同党で軍出身の申源湜(シン・ウォンシク)議員は「国民が7時間という間、北側に行っていて油をまかれて遺体をき損されている時まで国防部は一体どのような措置を取ったか」と尋ねた。

これに対抗して与党「共に民主党」の洪永杓(ホン・ヨンピョ)議員は「わが軍が正確に状況を、われわれが想像している以上に把握して対処した」とかばった。同じ党の安圭佰(アン・ギュベク)議員は23日夜にメディアを通じてこの事実が伝えられたことをめぐり「情報流出者を厳重に処罰せよ」と要求した。

これと別に党次元の動きも続いた。李洛淵(イ・ナギョン)民主党代表は「北朝鮮軍の行為はいかなる理由であっても許されない蛮行」としながら「わが党は北朝鮮のこのような蛮行を強力に糾弾し、反倫理的行為に対する謝罪と責任者処罰を強力に要求する」という内容のコメントを出した。

野党「国民の力」はこの日国会本会議が終わった直後、糾弾大会を開いた。所属議員全員の名義で作成された糾弾辞には「北朝鮮が天人共怒するような蛮行を犯した」とした。同時に「軍が民間人の殺害事実を認知した時点、このような事実が青瓦台に報告されて大統領が認知した時点がいつであり、報告を受けた大統領が取った措置は何か、国民に詳細に明らかにせよ」とも要求した。

野党「国民の党」安哲秀(アン・チョルス)代表はこの日午後、フェイスブックを通じて「北側近隣地域で起きた事件なので積極的に対応することが難しかったと弁明する軍関係者の話を聞いて血が逆流する感じ」と綴った。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기