본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領と15カ月ぶりに電話会談したプーチン露大統領「ロシア産ワクチンを打って訪韓」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅大統領が28日午後、青瓦台でウラジミール・プーチン露大統領と電話会談を行っている。[写真 青瓦台提供]

文在寅(ムン・ジェイン)大統領とウラジミール・プーチン露大統領は28日午後4時30分から35分間韓露修交30周年を機に電話会談を行った。文大統領とプーチン大統領の対話は昨年6月、主要20カ国・地域(G20)首脳会議当時首脳会談以降15カ月ぶりだ。

文大統領はプーチン大統領に「新型コロナ状況が安定し次第にプーチン大統領の訪韓が実現して両国関係の発展について意見を交換することを期待している」としたとカン・ミンソク青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官が書面ブリーフィングを通じて伝えた。するとプーチン大統領は「韓国を訪問する」として「直接ロシア産ワクチンを打って訪韓する」とした。

両首脳は韓半島(朝鮮半島)の情勢に対する意見を交換した。文大統領は厳しい中にも韓国は韓半島の完全な非核化と恒久的な平和定着に向けた努力を引き続き注いでいくとし、ロシアの建設的な役割と支持を呼びかけたとカン報道官が伝えた。プーチン大統領は韓国政府の南北関係の正常化に向けた努力を評価し、関連当事国間対話再開を期待しつつ韓半島の平和増進に向けた努力に引き続き協力していく準備ができていると答えたという。

文大統領はプーチン大統領にソウルに本部を置く世界ワクチン研究所(IVI)に対するロシア側の参加を呼びかけた。プーチン大統領は韓国の防疫成果を高く評価して「韓国の防疫措置が非常に高い水準で印象深かった」と述べたとカン報道官は伝えた。また、プーチン大統領は新型コロナの対応にあって韓国と緊密に協力する準備ができていると述べた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기