본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【噴水台】大坂なおみのマスク

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

大坂なおみ

1968年のメキシコオリンピック(五輪)を象徴する場面といえば、米国の黒人選手が人種差別に抵抗した「ブラックパワー・サリュート」だろう。陸上男子200メートル金メダリストのトミー・スミスと銅メダリストのジョン・カルロスが表彰台で黒の手袋をした手を高く挙げた場面だ。両選手は「オリンピック精神を傷つける暴力的な行為をした」という理由で五輪から追放された。そのオリンピック精神とは「いかなる示威、政治的・宗教的・人種的宣伝も、オリンピックが開催される場所、競技場などで禁止する」という国際オリンピック委員会(IOC)憲章第50条だ。多くのスポーツイベントがこれを金科玉条としている。

2016年8月、米プロフットボール(NFL)のサンフランシスコ・フォーティナイナーズーグリーンベイ・パッカーズのプレシーズンマッチが行われた。試合前の国歌演奏でサンフランシスコのQBコリン・ キャパニックは片膝をついて起立しなかった。キャパニックは「黒人と有色人種を抑圧する国の国旗に敬意は払えない」と語った。キャパニックはその後も座ったままであり、多くの選手が同調した。トランプ米大統領は「彼らを解雇すべきだ」と要求した。キャパニックは2017年に自由契約選手(FA)となったが、受け入れる球団はなかった。キャパニックと彼の行動は忘れられた。

5月25日、米ミネアポリスで警察が黒人男性ジョージ・フロイドを窒息死させた。この事件がキャパニックの行動を想起させた。同月31日、ドイツブンデスリーガのボルシアMG-ウニオン・ベルリン戦で先制点を決めたマルクス・テュラムがゴールパフォーマンスの代わりに片膝をついた。この行為はすぐに世界の競技場に広まった。IOCほど保守的な国際サッカー連盟(FIFA)が支持を宣言した。トーマス・バッハIOC委員長はその時に初めて「IOC憲章第50条を見直す」と発表した。

日本の黒人混血選手の大坂なおみが13日、全米オープンテニス女子シングルスで優勝した。大坂は毎試合、人種差別の犠牲者の名前が入ったマスクを着用して登場した。保守的なテニスさえも大坂の政治的・人種的意思表明を阻止しなかった。いや、できなかった。大坂のマスクは2020年の全米オープンを象徴する場面となった。1968年の「ブラックパワー・サリュート」と2016年の「膝つき抗議」のように。

チャン・ヘス/スポーツチーム長


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기