본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

台風9号で韓国古里原発4基も停止…「安全上の問題なし」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国釜山(プサン)を強打した台風9号「MAYSAK(メイサーク)」の影響で、原子力発電所4基の稼働が自動で中断した。

韓国水力原子力古里(コリ)原子力本部は3日、「運営中だった古里3、4号機、新古里(シンゴリ)1、2号機の原子炉が未明に停止した」と明らかにした。

新古里1号機がこの日午前0時59分ごろにまず最初に停止し、次いで新古里2号機が午前1時12分ほどに止まった。古里3号機は午前2時53分、古里4号機は午前3時1分ごろに自動停止した。停止した原発はどれも発電を止めた状態だ。

古里原子力本部は、原子炉の停止原因が発電所の外の電力系統異常と推定して原因を分析中だ。

原子力安全委員会によると、発電所は安全に停止し、放射線の漏出などもない状態だ。2017年に永久停止した古里1号機と現在整備中の古里2号機にも非常ディーゼル発電機が自動で作動して安全上の問題はない状況だと付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기