본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ソウル、半日で117ミリの大雨…都市洪水「非常」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

漢江の水位が高まったことを受けて交通規制が敷かれたソウルの各主要道路では、深刻な渋滞が発生した。6日、元暁大橋に帰宅途中の車両が長い列を作っている。

ソウルが9年ぶりとなる水爆弾に襲われた。6日未明から午前10時まで、ソウルには117ミリの雨が降り注いだ。今月1~6日の間に最大403.5ミリ〔ソウル道峰区(トボング)〕の雨が降った。八堂(パルタン)ダムと昭陽江(ソヤンガン)ダムの放流で、漢江(ハンガン)の水位が高まりながら各主要道路では交通規制が敷かれ、出勤途中に交通大乱が発生した。漢江本流には洪水特報(注意報)が下された。

これは2011年7月末に3日間で530ミリの雨がソウル都心に降って洪水特報が下されて以来9年ぶりとなる。当時、1年の降水量の半分程度が3日間で降った。1907年の気象観測開始以来、104年ぶりの記録的な大雨だった。

特に牛眠山(ウミョンサン)周辺は土砂崩れの土砂が一戸建て住宅やアパートなども襲い、生後17カ月の赤ちゃんを含めて18人が死亡した。

その前年の2010年にはいわゆる「スーパー都市洪水」が発生した。「集中豪雨で都心が水に浸かり、道路や電気など都市機能が麻ひすること」を言う。歴代級の梅雨は7日午後から再び全国に雨を降らせるものとみられる。ソウル・京畿(キョンギ)、江原(カンウォン)地域には30~80ミリ、多いところでは120ミリの雨が降るだろうとの予報が出された。

今回の集中豪雨に関連し、ソウル市は前日午後9時25分からオリンピック大路の銅雀(トンジャク)大橋~塩倉(ヨムチャン)ナドゥルモク区間を全面的に統制したことに続き、午前3時10分から江辺(カンビョン)北路の一部区間、午前2時20分から内部循環道路の一部区間を統制した。

これにより、迂回しようとする車両でこの辺り一帯に混雑が起きた。地下鉄駅やバス停留場にも人波が集まり、大変な混雑になった。午後6時現在、清渓川(チョンゲチョン)と水に浸った潜水橋(チャムスギョ)、オリンピック大路の銅雀大橋~塩倉ナドゥルモク、内部循環路の聖水(ソンス)分岐点~馬場(マジャン)ランプ、江辺(カンビョン)北路、元暁(ウォニョ)大橋北端~医師協会進入路、東部幹線路全区間、チュン山橋下部道路、ノドゥルキル鷺梁津(ノリャンジン)水産市場~ノドゥル高架などが統制された。松坡区(ソンパグ)は「八堂ダム放流量の増加で漢江の水位が上昇し、午前8時以降、新川(シンチョン)ナドゥルモクの閘門を閉鎖する」とし、市民に迂回運転を要請した。

ソウル警察庁はこの日午後、交通警察1100人を投じて帰宅交通管理に出た。昭陽江ダムなど漢江上流のダムの放流が続きながら7日まで交通統制が続くものと予想される。

ソウル市は6日午前5時50分、ソウル炭川(タンチョン)のテゴッ橋に、午前11時には漢江大橋一帯に洪水注意報を発令したと知らせた。
ソウル、半日で117ミリの大雨…都市洪水「非常」(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기