본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「超強力」台風8号、明日から韓国全国に強風・豪雨

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

衛星から見た台風8号 気象庁

台風8号が西海(ソヘ、黄海)海上を通って27日に北朝鮮地域に上陸する。最大時速216キロの風を伴う台風であるうえ、韓国全域が台風の被害が大きい「右側半円」に入るという。

台風8号は24日午後3時基準で中心気圧975ヘクトパスカル、強風域の半径280キロ、中心最大風速時速115キロの強度「中」の台風で、沖縄西北西側210キロの海上を時速12キロでゆっくりと移動している。台風8号は25日夜から済州(チェジュ)に影響を及ぼし始め、26日昼に済州西側沿岸50-70キロの海上に最接近するとみられる。現在の予想経路によると、26日午前9時まで規模を拡大しながらゆっくりと進み、水温が低い済州北側の海上を通過すれば速度を上げて北上する。

26日午後に西海南部の海上、27日午前に西海岸から50-100キロ離れた西海上を通過する台風8号は、26-27日に全国に激しい風雨をもたらすと予想される。済州の山地では500ミリ、全羅道(チョルラド)を中心に50-150ミリ、それ以外の全国各地では30-100ミリの雨が降る見込みだ。

済州と全羅道の海岸は瞬間最大風速時速144-216キロ(秒速40-60メートル)の非常に強い風が、西側ほとんどの地域と南海岸も時速126キロ(秒速35メートル)の強い風が吹くと予想される。台風は27日午前に黄海道(ファンヘド)南端海岸に上陸し、北朝鮮の内陸を通過した後、28日午前9時ごろ中国ハルビン近隣で消滅するという。

気象庁のウ・ジンギュ分析官は「台風が韓国に直接上陸することはないが、強風域の半径が広いうえ韓国全域が台風の危険半円の右側に入るため上陸する場合よりも大きな被害が発生するおそれがある」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기