본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米IBM、スーパーコンピュータを凌駕する量子コンピュータ発展のために日本企業と協力

ⓒ 中央日報日本語版
米国IBMが30日、量子コンピュータの発展を加速化するために日本企業と手を握って研究協力団を構成したとロイター通信が報じた。

報道によると、研究協力団には東芝、日立、トヨタなど日本の大手企業と金融機関、化学企業などが含まれ、会員会社はクラウド基盤でIBMの量子コンピュータに接続することができる。

研究協力団はIBMが来年上半期に日本に設立すると予想される「IBM Q System One」という名前の量子コンピュータにも接続する権限を持つことになる。

「量子イノベーションイニシアティブ協議会」(Quantum Innovation Initiative Consortium)と命名されたこの研究協力団は東京大学に設置される予定だ。

IBMと日本間協力は米国と同盟国が量子技術開発で中国と競争を繰り広げている中で実現したものだとロイターは伝えた。

半導体でない原子を記憶素子として活用する量子コンピュータは、スーパーコンピュータを凌駕する計算能力で新物質や新薬開発、金融、物流など幅広い分野で活用が期待される先端未来型コンピュータだ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기