본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「韓国、新型肺炎による死亡が少ない理由」仏研究チームが明らかにした秘訣は「キムチ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

フランス研究チームは韓国で新型肺炎による死亡者数が比較的に少ない理由はキムチのためだと分析した。[中央フォト]

韓国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による死亡者が比較的に少ない秘訣が「キムチ」のためというフランス研究チームの研究結果が出た。

仏モンペリエ大学医学部のジャン・ブスケ名誉教授が率いる研究チームは、新型肺炎による死亡者数と国家別食生活の違いの相関関係を研究したと英国メディア「ザ・サン」が13日(現地時間)、単独で報じた。

研究チームは特に韓国、そして欧州ではドイツの死亡者数が少ない理由に注目した。両国は食生活に共通点があった。すぐに発効したハクサイやキャベツを主食として食べるということだった。韓国はキムチ、ドイツはザワークラウト(sauerkraut、キャベツの漬物)を食べるため、新型肺炎による死亡者数が少ないというのが研究チームの分析だ。

研究チームによると、発効したハクサイはACE2(アンジオテンシン変換酵素2)を抑制する効果がある。ACE2は人間の細胞膜にある酵素で、新型コロナウイルスはまさにこのACE2と結合して細胞の中に浸透する。キムチが一種の「ACE2の天然抑制薬」という意味だ。したがって研究チームは「ハクサイが新型肺炎の予防に役に立つ」と主張した。この研究論文は国際学術誌「Clinical and Translational Allergy」にのせられた。

研究チームは「食生活」が新型肺炎の被害程度に影響を及ぼす根拠としてスイスを例に挙げた。同じスイスでもフランス語とイタリア語を使う地域がドイツ語を使う地域より死亡者がはるかに多かったというのが研究チームの説明だ。ドイツ語を使う地域ではドイツ式キムチであるザワークラウトを食べて比較的に死亡者数が少なかったという意味だ。

ジャン・ブスケ教授は「以前まで新型コロナウイルスの拡散と国家別食生活の違いの相関関係はほとんど注目されなかった」としながら「だが、献立を変えるのは新型コロナとの戦いに多いに役立つことができる」と話した。また、ブスケ教授も今回の研究をきっかけにキャベツ中心に献立を変えたと伝えた。彼は呼吸器・アレルギー分野の大学者で、世界保健機関(WHO)傘下の「世界呼吸器疾病連盟(GARD)」の会長を務めた。

また、研究チームはギリシャとブルガリアがイタリアとスペインのような国より比較的に新型肺炎による被害が小さいのはヨーグルトのような発効飲料を好んで食べるためだと分析した。発効飲料も発効したハクサイのようにACE2の活動を抑制するという説明だ。ブスケ教授は「発効ハクサイとヨーグルトが一種の天然ウイルス遮断薬の役割を果たす」と話した。

今回の研究結果について英シェフィールド大学のジェイディップ・レイ教授は「非常に興味深い研究結果だ。私たちは新型コロナという新しいウイルスに対してまだ調査中」とし「大規模な人口データから観察された相関関係は探求する価値がある」と評価した。

これに先立ち、2002~2003年重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した当時、唯一韓国の被害が小さかった理由がキムチのためではないかという推測が出てキムチの輸出が大きく増加したこともある。

実際に、SARSの流行が終わった後、国内研究チームがキムチのインフルエンザウイルスの抑制効果を立証したりもした。韓国食品研究院のキム・インホ博士チームがキムチ抽出物をインフルエンザウイルスに投与した結果、ウイルスの形成を顕著に抑制する効果が現れた。インフルエンザウイルスはコロナウイルスのように変異が多様なRNA遺伝子を基盤とすると知られている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기