본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

在韓米軍司令官の「キムチの汁」ツイートに「他意はない」と釈明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

31日、在韓米軍の韓国人勤労者の半分の無給休暇を発表するエイブラムス在韓米軍司令官[在韓米軍フェイスブックキャプチャー]

在韓米軍が3日、「(ロバート・エイブラムス在韓米軍司令官の2日のツイートが)別の意味として受け止められないことを望む」と明らかにした。

エイブラムス司令官は前日の2日、「キムチの汁を飲む(捕らぬ狸の皮算用)」と書かれた写真をリツイートした。第11次韓米防衛費分担金特別協定(SMA)交渉の妥結への期待感が強まっている中で出てきたという点で「無礼な表現」という指摘があり、論議を呼んだ。この日の立場発表を通じてエイブラムス司令官は釈明しようという姿だった。

在韓米軍側は「エイブラムス将軍は韓国政府、合同参謀本部、連合司令部との会議や対話に使用できる韓国語の構文と隠喩を毎週習っている」とし「これは彼の通訳官が通訳で逃す可能性がある米国の言葉を使う代わりに、韓国文化の範囲内で使用できる類似の表現をより簡単に使えるようにしてくれる」と説明した。また「彼のツイートは(悪意のない)純粋なものだ」とし「特に彼は韓国文化を尊重し、キムチを好んで食べる」と強調した。

在韓米軍の関係者は「3日午前、エイブラムス司令官に韓国メディアの報道を要約して報告し、立場の発表が必要だと建議した」と伝えた。別の関係者は「エイブラムス司令官が2日に『キムチの汁』表現を習ったが、興味を抱いて載せたにすぎない」と話した。

在韓米軍の説明通りならただの「ハプニング」ということだ。政府関係者は「エイブラムス司令官は典型的な軍人気質であり頑固であるのは事実」としながらも「韓国と韓国の世論に逆らう発言をする人物ではない」と述べた。

しかしエイブラムス司令官は韓国と韓国文化に対する理解が低いという指摘は在韓米軍の内外から聞こえる。特に愛国歌を4番まで韓国語で歌えるほど韓国に対する理解が高いブルックス元司令官と比較する人も多い。

エイブラムス司令官も赴任後、韓国語を習い、韓国の歴史を学び始めた。休みの日には遺跡を訪れ、韓国料理、特にキムチを好む。昨年5月の青瓦台(チョンワデ、大統領府)招請昼食会では「キムチなしに食事をする日は、陽が射さない日と同じ」と話した。

しかし在韓米軍の事情に詳しい政府関係者は「エイブラムス司令官が胸襟を開いて話す韓国人は朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀議長ほど」とし「彼はもっと幅広く韓国人の意見を聞く必要がある」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기