본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

今年すでに207万人失業…韓国大企業33%「コロナが半年後まで続けば人員削減」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

青年失業者

今年1-4月の失業者が200万人を超えた。過去最多だ。この期間、非自発的失業者も100万人を初めて超えた。

未来統合党の秋慶鎬(チュ・ギョンホ)議員が15日、統計庁の2000-20年の4月の雇用動向マイクロデータを分析した結果によると、今年1-4月の失業者数は207万6000人だった。失業時期の調査を始めた2000年以降で最高だった。

今年1-4月に失業した後、失業状態が4月の調査時点(今年4月18日)まで続いている人が207万6000人ということだ。同じ期間、非自発的失業者は104万5000人と、2000年以降で最多となった。1-4月の失業者数と非自発的失業者数はグローバル金融危機当時をはるかに超える。特に非自発的失業者は従来の最多だった2009年(63万8000人)より倍近く増えた。

統計庁は毎月中旬に経済活動人口調査を実施する。回答者が失業事由のうち▼職場の休・廃業▼名誉退職・早期退職・整理解雇▼臨時または季節的業務の完了▼仕事がないまたは事業不振--の4つの項目を選んだ場合が「非自発的失業者」に分類される。

失業事由のうち「臨時または季節的業務の完了」(33万5000人)と「仕事がないまたは事業不振」(34万4000人)が多かった。「名誉退職・早期退職・整理解雇」は20万5000人、「職場の休・廃業」は16万人。このうち「名誉退職・早期退職・整理解雇」は2009年(11万2000人)より倍近く増え、初めて20万人を超えた。「職場の休・廃業」による失業も2009年(8万3000人)の倍に増え、初めて10万人を上回った。

特に小規模な事業場に失業者が集中した。今年1-4月全体失業者207万6000人のうち5人未満(1-4人)の事業場で85万5000人が、5-9人の事業場で45万人が失業した。事業場の規模が小さいほど失業者数が多かった。

秋議員は「1-4月を基準にすると、2009年のグローバル金融危機以降から毎年40万人台後半だった非自発的失業者が昨年急増し、今年に入ってもコロナ被害が本格化する前の1、2月に非自発的失業者が前年同月比でそれぞれ7万人、17万8000人増えた」とし「現在の雇用問題は新型コロナによる被害だけでなく、現政権の経済失敗による雇用悪化も影響を及ぼした」と述べた。

今年秋まで新型コロナ事態が続けば大企業の雇用にも大きな影響が予想される。韓国経済研究院が先月13日から24日まで売上高500大企業を対象に新型コロナ経営危機克服案を調査した結果によると、「現在の経営悪化が今後6カ月間続く場合」に関する質問に対し、全体企業の31.5%が「人員を削減するしかない」と答えた。これは現在人員削減を進行・計画中の大企業(8.8%)の3.7倍。大企業が答えた具体的な雇用維持限界期間は「0-4カ月」が23.3%、「4-6カ月」が9.2%、「6カ月以上」が67.5%だった。

大企業は雇用危機を防ぐための方策として「雇用維持支援金志願要件の大幅緩和」(37.5%)、「最低賃金据え置き」(19.2%)を選んだ。すでに休業・休職しているが、志願要件を満たせず雇用維持支援金を受給できない大企業は80.6%にのぼる。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기