본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:「Kプレミアム」時代…「メイド・イン・コリア」の待遇が変わった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
京畿道金浦市(キョンギド・キンポシ)にある中堅家電企業のウォンボンは浄水器、冷温水器、空気清浄器などを、ロシア、中東、東南アジアに輸出する。創業者であるキム・ヨンドン会長と従業員は最近になり変化した韓国の位置づけを実感している。新型コロナウイルスに打ち勝っている韓国のストーリーが世界に大きな響きを与え、「輸出製品に太極旗を付けてほしい」という海外バイヤーの要請が増えたためだ。キム会長は「5年前から中東のバイヤーの要求で太極旗を付けているが、最近は他の国からも『メイド・イン・コリア』と太極旗を入れてくれと言われる。この機会をうまく活用して輸出を増やし新たな取引先も発掘していくだろう」と話した。

新型コロナウイルスを契機に韓国の国格と世界での位置づけが見違えるように高まっている。「コリア・ディスカウント時代は過ぎコリア・プレミアム時代が来た」という自負心が全方向に拡散している。韓国で地域感染が爆発的に増えた2月には想像できなかった大転換だ。米国や欧州などほとんどの先進国市民が「韓国の再発見」を話している。韓米経済学会長を務めた米アラバマ大学経済学科のイ・ジュンス教授は「従来の携帯電話と半導体をうまく製造する国から、防疫と医療体系、IT、バイオなどさまざまな分野で能力と底力を備えた国と認識され始めた」と話した。

韓国は世界史的に危機を機会に変えた数少ない国に挙げられる。新型コロナウイルス問題もやはり同じ経路を経て、また新たな跳躍を可能にする発火点になるという期待が出ている。買い占めがない国、医療陣の犠牲と献身、世界最高の診断技術とシステム、市民の強力なソーシャルディスタンスと成熟した意識、防疫当局の透明で体系的な対応…。これらすべてが韓国の魅力を引き上げていると分析される。

ロックダウン政策で市民の自由を制限しなかった点も高い評価を受けている。中国は武漢を長期封鎖したが、韓国は大邱(テグ)の出入りを遮断しなかった。各国の指導者、メディア、研究所などはすでに韓国をロールモデルとしている。フィンランドのニーニスト大統領は先月22日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で、「新型コロナウイルス問題で『ソリューション』を提供した韓国は他の分野でも世界と戦略を共有できる有利な位置を先取りした」と評価した。外信は韓国で流行した「ダルゴナコーヒー」など韓国人の生活文化と食べ物まで報道している。過去の躍動的ストーリーにも再度スポットが当てられている。強大国の植民統治を体験した国の中で唯一産業化と民主化を成し遂げた国、K-POPをはじめドラマや映画がすべて世界的水準に上がっている文化的成就が改めて際立って見えているのだ。

◇韓国は安全・クリーンな国…Kツアー時代に備えなくては

経済も全力を挙げて持ちこたえている。製造業稼動率と輸出戦線に異常が生じたりしたが他の国よりは善戦している。配達・宅配ドライバーは休む暇もなく全国を走り回っている。オンラインショッピングなど非対面ビジネスが危機の中で燃え上がっている。

これからは危機を機会に変える現場をあちこちで作らなければならない。すべての経済主体が総力戦を展開しなければならない。企業はポスト・コロナ時代に開く新しい市場に備えてハードウェア・ソフトウェア部門の競争力を新たに整備しなければならない。米国、中国、欧州など伝統的輸出市場のほかに東南アジア、中南米、中東、アフリカなどに対する攻略を大々的に推進しなければならない。「もう少しがんばって競合企業との格差を広げ、もう少し力を入れて新市場を開拓すれば期待以上の成果を上げられる」(クォン・ビョンオKOTRA社長)という希望を生かさなければならない。ここに韓国の新しい兵器であるKバイオ・製薬、Kビューティー、Kツアー、Kフード、Kカルチャー、Kエデュなどが本格的な出撃を控えている。日本に比べ劣勢だった観光産業も逆転の機会を迎えた。

今後主要国の国境が再び開かれれば「世界の人が訪れるKツアー時代」を開け放たなければならない。政府も韓国の湧き上がる魅力が世界市場に広がるよう企業活動を積極支援しサービス産業の質的高度化を率いなければならない。

韓国経済新聞は「コリア・プレミアム時代が来た。大韓民国また走ろう」という題の企画シリーズを合計10回連載する。世界で韓国の変わった位置づけと経済・産業・文化的躍動性を点検し、新たな方向性を提示する計画だ。まだ進む道は遠くてウイルスも退いていないが、いまからしっかりと準備すれば韓国経済の大跳躍は可能なものと信じて疑わない。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기