본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<危機の韓日関係、連続診断16>「共通の敵」に直面した韓日、争いやめて防疫協力を(2)=韓日ビジョンフォーラム

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

上の列の左から李信和(イ・シンファ)高麗大教授、張済国(チャン・ジェグク)東西大総長、チョ・グァンジャ・ソウル大教授、下の列の左から崔相龍(チェ・サンヨン)元駐日大使、洪圭徳(ホン・ギュドク)淑明女子大教授、洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)韓半島平和構築理事長。

李信和(イ・シンファ)高麗大教授=今回の総選挙の結果でみると、もはや韓国では反共イデオロギーは主流になれず、むしろ反日イデオロギーが重要なイシューになった。今朝も「日本の新型コロナ感染者がついに韓国を超えた」というニュースがメディアのヘッドラインを飾っている。韓日関係で「経済だけでもうまくやろう」という機能的な接近はもう通用しないようだ。政治や外交をうまく管理できなければ経済も厳しくなる。

張済国(チャン・ジェグク)東西大総長=新型コロナ事態が深刻になると、各国は国境を閉鎖することに集中し、国際協力は見られなかった。韓日関係も危機状況でコミュニケーションの断絶ばかりが目につく。国際協力と連携に傍点を打った「コロナ後の時代(After Corona)」が到来するだろう。韓日が共に貢献する機会もそれだけ多い。

洪圭徳(ホン・ギュドク)淑明女子大教授=両国は感情的な対決を強めるのではなく、共通の挑戦に対する解決策の摸索に積極的に参加する必要がある。特に両国の感染者の医療情報をビッグデータとして保存し、今後、基礎疾患がある患者の管理に活用することができる。類似ウイルス発生を予防するために両国の人工知能(AI)、ドローンボットなど第4次産業技術を積極的に活用することもできる。こうした共同の努力が従来の政治的葛藤を緩和し、新しい協力パターンを作る突破口となる可能性がある。

チョ・グァンジャ・ソウル大教授=韓国政府が先に韓日関係の転換のきっかけを用意することができる。日本にマスクを送るなど実質的な支援を見いださなければいけない。

具滋烈(ク・ジャヨル)LSグループ会長=新型コロナ事態のため、地域と国境を越えて人類全体の健康と生活、経済などがすべて脅かされている。今は韓日間でも防疫と新型コロナの収束を目標に緊密に協力すべき時だ。企業分野でもテレビ会議などデジタル・スマート技術を活用して以前より協力を拡大することで、この危機を共に克服しなければいけない。

崔相龍(チェ・サンヨン)元駐日大使=韓日中首脳会談で韓国政府が新型コロナ問題に対するイニシアチブを握り、協力案を提示すればよい。全世界の課題であるワクチン開発で協力すれば、それが「ウィン・ウィン・ウィン」になるのではないだろうか。決して反西欧ではない。3カ国が開発すれば文明史的なメッセージがある。3カ国が協力して早期に実現すれば、韓国発東アジア文化の形成に大きく貢献することができる。

洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)韓半島平和構築理事長=我々の永遠のモデルは西欧だった。ところが西欧の個人主義、合理主義、自由などの価値が防疫では崩れた様相だ。中国は落ち着いたが、民主主義、表現の自由、情報の透明性の側面で国際規範に達していない。韓国は民主主義と開放性に加え、共同体主義、市民性、優れた医療システムなどで対応し、初めてソフトパワーとして認められた。パンデミックという圧倒的なイシューの中で現在の韓日葛藤は相対的に小さな事案だ。両国が協力しない理由はない。
<危機の韓日関係、連続診断16>「共通の敵」に直面した韓日、争いやめて防疫協力を(1)=韓日ビジョンフォーラム

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기