본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<大リーグ>柳賢振がマイナー登板を要望した理由は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2020年メジャーリーグのシーズンに向けて準備する柳賢振(リュ・ヒョンジン、33、トロント・ブルージェイズ)の調整方法が注目される。シーズン開幕(3月27日、ボストンとのホーム試合)を2週後に控え、公式オープン戦ではなくマイナーリーグ試合への登板を選択した。

スポーツネットカナダのベン・ニコルソン・スミス記者は12日(韓国時間)、自身のSNSで「柳賢振が15日のマイナー試合に登板する。チャーリー・モントーヨ監督は柳賢振に試合登板を自ら決めさせた」と伝えた。

もともと柳賢振は15日のタンパベイ・レイズとのオープン戦に登板する可能性が高かった。前回の登板は10日のタンパベイ戦(4イニング1/3を無失点、3被安打、無四死球、4奪三振)だった。これは柳賢振が10日のタンパベイ戦に登板する前に約束された日程だった。

モントーヨ監督はシーズンを準備するすべての過程を柳賢振に一任した。柳賢振は同じチームを相手に続けて登板する必要はないと判断したようだ。タンパベイはトロントと同じアメリカンリーグ東部地区のチームで、昨年ニューヨーク・ヤンキースに次いで地区2位になるほど実力がある。そのようなチームに自身のピッチングを分析させる機会を与えないためとみられる。

戦略的な判断とはいえ、開幕を控えた状況では驚くべきことだ。トロントで最初のシーズンを送る柳賢振に対し、個人の調整日程と登板相手まで任せるのは極めて異例だ。

柳賢振は2月初め、フロリダキャンプにチームメートよりも先に到着した。コンディションを十分に引き上げた後、ブルペンピッチングとシミュレーションピッチングを経て、先月28日にミネソタ・ツインズとのオープン戦に初登板(2イニング1失点、3被安打)した。その後、5日の登板は見送り、シミュレーションピッチングを50球した。当時も破格的な日程だった。

柳賢振のスプリングキャンプ日程は特別待遇と考えられる。それだけトロント球団、モントーヨ監督に信頼されているということだ。その信頼が間違っていないことを証明するのは柳賢振の役割だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기