본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文喜相氏、強制徴用遺族と面会 「政治辞める覚悟で最善尽くす」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文喜相国会議長が先月5日、東京早稲田大学で特別講演を行っている。[写真 国会]

韓国の日帝強制徴用被害者遺族が19日、強制徴用賠償問題の解決案を提示した文喜相(ムン・ヒサン)国会議長のもとを訪れて関連法案の早期通過を促した。

これに対して文議長は、「この問題を解決するために、今後政治を辞めるという覚悟で最善を尽くしたい」という意志を明らかにした。

文議長はこの日、国会で日帝強制動員犠牲者遺族協同組合のイ・ジュソン理事長など強制徴用被害者遺族10人と会い、10分間余りにわたって面談を行った。

遺族側はこの席で、文議長が前日発議した法案の早期通過を要求する「連帯署名」を伝達した。この署名には強制徴用被害者と遺族を含め約1万人が参加した。

文議長は18日、韓日両国の企業と国民が出し合う寄付によって強制徴用被害者に慰謝料を支給する内容の「記憶・和解・未来財団法制定案」などを代表発議した。いわゆる「1+1+α(国民)」案だ。

文議長は遺族らに「国を失って侮辱を受けたことも恨めしいが、政府が樹立してから100年が過ぎるまで国家が責任ある行動を取ることができなかった」とし「国民の一人として残念だ」と話した。

続いて「夜が明ける直前が一番暗いようだが、朝は再び来る」とし「強制徴用問題を解決するために、今後政治を辞めるという覚悟で最善を尽くす」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기