본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

GSOMIA終了猶予も…日本、徴用工判決で圧迫「資産現金化時はさらに深刻」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

9月に国連総会参加のため米国を訪問した康京和長官がニューヨークの国連本部で日本の茂木敏充外相と記念撮影をしている。

外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は23日、韓国政府の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了猶予決定と日本側が輸出当局間対話再開に応じたことと関連、「大きな峠をどうにか乗り越えて作り出したものであり、これにより突破口ができた」と評価した。

日本の名古屋で開かれた主要20カ国(G20)外相会談に出席中の康長官はこの日、日本の茂木敏充外相と会談した後に韓国メディアと会い、「両国の輸出当局間対話が開始されることは肯定的という評価が(会談で)あり、輸出規制措置が速やかに撤回されなければならないという点を(日本側に)明確にした」としてこのように話した。

続けて「われわれとしては輸出規制を撤回するための土台が用意された。ひとまず時間を稼いだが時間が多いわけではない」とも話した。

強制徴用問題と関連して康長官は「互いに溝はあるが両国の当局間でしてきたことを考え、今後継続して協議していくことにした」と話した。しかし先月文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本の安倍晋三首相に直接提案した両国間のハイレベル協議チャンネル開設などに対する言及はなかったものと伝えられた。

康長官は「輸出当局と外交当局がそれぞれそれこそ善意の協議を進めて行くことで(日本側と)合意した」と付け加えた。

日本外務省によると、茂木外相は会談で日本企業の資産現金化に対する懸念を示した。茂木外相は「もし(日本企業資産の)現金化がなされれば、韓日関係はさらに深刻な状態となる。韓国政府の責任で国際法違反状態を是正する必要がある」という趣旨の発言をした。

茂木外相は前日のGSOMIA終了猶予発表が出た直後にも「現在最大の課題であり根本にあるのは徴用工問題だ。韓国に対し1日でも早く国際法違反状態を是正するよう引き続き強く要求していくだろう」と話し、強硬な立場を示唆している。

康長官と茂木長官は当初15分間会談する予定だったが、2倍を超える35分間にわたり会談した。康長官は「そんなに時間が過ぎたとは思わなかった。とても真摯な雰囲気の中で話を交わした」と話した。

茂木外相は会談序盤に康長官と会って握手しあいさつを交わしたが、固い表情を維持した。両外相の会談は今回が2度目で、茂木外相は9月の国連総会を契機にニューヨークで開かれた韓日外相会談でも固い表情だった。

両外相はまた、会談で12月に中国で開かれる韓日中首脳会談を契機に韓日首脳会談開催についても協議した。康長官は「互いに会談ができるよう調整していくことにした」と説明した。日本外務省も「韓日首脳会談開催に向け調整を始めることにした」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기