본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国人観光客減で日本観光地がため息…「韓日航空便、3分の1以上減」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

日本観光のキャンセルによって韓国と日本を行き来する旅客船のキャンセルが相次いだところ、運休事態が起きている。8月1日釜山東区の釜山港国際旅客埠頭内の出国場前に人がおらず夏季休暇シーズンであるにもかかわらず閑散としている。ソン・ボングン記者

韓日関係悪化による韓国人の日本旅行不買運動で両国を結ぶ航空便が3分の1以上減ったという報道が出てきた。

NHKが29日に報じた3月31日~10月26日の「夏ダイヤ」によると、韓日間の定期便は1週間当たり2500便から1560便(10月末)へと急減した。予定されていた航空便の37.6%が航空会社の運休や減便によって減った結果だ。

国土交通省関係者は「これほどの規模の運休や減便は過去に例がないのではないか」と話した。便数の減少が特に大きかったところは大阪、福岡、北海道など韓国人観光客が多く訪れていた場所だ。

大分、米子、茨木など6空港は韓日間の航空便がすべて運休となった。このうち大分空港は韓国をむすぶ便が運休となり、国際線路線そのものがなくなった。

先月大分県を訪問した韓国人旅行者は6000人水準で、昨年同期の5分の1水準へと大幅に減少した。

NHKは、大分県のある伝統旅館は、最近、建物の増築などをして投資をしたばかりだったが、韓国人観光客の減少で予約が1件も入らず閉める日もあると伝えた。

また、米子空港も約16億5000万円かけて補修工事を始めたが、韓国人観光客の減少で打撃を受けている。空港側はNHKに「(鳥取県は)観光面で韓国の旅行者に頼る部分が多い」とし「地域経済に影響が出ていてショックは大きい」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기