본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

LG「サムスンテレビは8K画質基準に達していない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

17日、ソウル汝矣島ツインタワーでナム・ホジュン研究所長(専務)がサムスンQLEDテレビに付けられた量子ドットシートを持っている。キム・ヨンミン記者

バックライトが必要ないためパネルだけあれば画面に映像を映し出すことができるLGのOLEDテレビ(左)、バックライトが光を出すとLCDパネルがこれを受け入れて画面を送りだすサムスンのQLEDテレビ。キム・ヨンミン記者

「このフィルムだけで自ら光を出すことはできるでしょうか。そんなことはできません」

17日午前、LGエレクトロニクスで次世代テレビ開発業務の責任を負うナム・ホジュン・ホームエンターテインメント(HE)研究所長(専務)が直接量子ドット(QD)シートを持ち上げながらした話だ。この日、LGエレクトロニクスはソウル汝矣島(ヨイド)ツインタワーで約200人以上の取材陣を集めてテレビ技術説明会を開いた。QDシートはサムスン電子が液晶(LCD)パネルとしてプレミアム製品QLEDテレビを作る時に液晶(LCD)パネルとバックライトの間に重ねるフィルムだ。当初はサムスン電子テレビを分解してQDシートを取り出すものと予想されていたが、シートを持ち上げて見せる形に「トーンダウン」した。競争会社の製品を攻撃する技術説明会まで開くケースは極めて異例だ。

LGエレクトロニクスは今月初旬のドイツ・ベルリン「国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA)」に続き、この日韓国内でもサムスン電子の8Kテレビは実際の8K画質基準をクリアしていない製品であり、サムスンQLEDテレビは自発光材料の有機発光ダイオード(OLED)を使用していないにもかかわらずまるでOLEDのように消費者を惑わせているという主張を繰り広げた。

テレビからシートを取り出す過程を実演したわけではないが、LGはこの日、サムスンQLEDテレビを分解した状態で公開した。バックライト(BLU)が光を出す中で、LCDパネルがこの光を受容して映像を画面を映し出すサムスンQLEDテレビの作動過程を実際に実演してみせた。サムスンテレビの横には素子一つ一つが自ら光を出すためバックライトが必要ないLG有機ELテレビを配置して取材陣が直接比較できるようにした。

8Kテレビに対しては「物理的基準(画素数)だけでなく、国際的に認められた画質基準にも合わせるべきだ」と強調した。LGエレクトロニクスだけでなくサムスン電子も参画している国際ディスプレー計測委員会(ICDM)が定めた8K画質鮮明度(CM、Color Modulation/色調整)値の基準(50%以上)もクリアしなければならないという主張だ。LGエレクトロニクスによると、サムスン電子が発売した8KテレビはCM値が12~18%にすぎない。LGエレクトロニクスのペク・ソンピル・テレビ商品戦略チーム長は「LGの推論だが、サムスンが使うLCDパネルが視野角の側面でOLEDパネルに比べて不利だが、これを補正する過程でCM値を落としたとみられる」と話した。

LGの最近攻勢には2つの理由があると業界ではみている。まず、技術的で先んじていると言ってこれまで自尊心をみせていたLGだったが、QLEDを前面に出したサムスンが最近テレビ市場で世界市場占有率が31.5%(IHS Markit基準)まで増加した。また、低価格テレビは中国が市場を蚕食した状況で、超高価・超高級市場である8Kテレビは後発走者としてサムスンに比べて遅く進入したためだ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

1/2

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기