본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「米国市場の日本ラーメン独走を阻止」…辛ラーメン乾麺、米国へ輸出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

農心ラーメンを食べる米国人。[写真 農心]

韓国の大手食品メーカー農心(ノンシム)「辛ラーメン乾麺」が米国に輸出されることになった。米国ラーメン市場で70%以上のシェアを記録している日本製品との勝負のためだ。

農心は辛ラーメン乾麺の米国輸出のために製品5万箱(160万袋)の船積みを準備中だと30日、明らかにした。

農心は早ければ今年9月から米国西部および東部の大都市を皮切りに、年末まで全米に販売ネットワークを整えるという計画だ。農心は米国輸出を手始めに、今年日本や中国、東南アジア地域などに辛ラーメン乾麺の輸出地域を拡大する予定だ。

ノンフライの乾燥麺が売りの辛ラーメン乾麺は今年2月初めに市場に出た。辛ラーメン乾麺は味と健康を重視する消費者の好みを考慮し、カロリーは低く抑えながらも品質を高めて人気を呼んでいる。辛ラーメン乾麺のカロリーは一般ラーメンの約70%水準である350キロカロリーだ。7月末現在、累積販売量3200万袋を突破するなど韓国内で人気を呼んでいる。輸出は発売から6カ月で決まった。

農心が辛ラーメン乾麺の初めての輸出先として米国市場を選んだのは、低価格製品が中心の日本ラーメンを追撃するという意気込みだとみられる。日本ラーメンに比べて味や品質で先んじる辛ラーメン、辛ラーメンブラック、辛ラーメン乾麺の“3銃士”を前面に出しながら日本ラーメンの独走を阻止するということだ。

米国ラーメン市場は年間12億ドル(約1兆4193億ウォン)規模だ。現在、この市場は「マルちゃん」に代表される日本の東洋水産(シェア46%)と「カップヌードル」ブランドを持つ日清食品(30%)が1位と2位を占めている。農心は15%で3位だ。10年前2%に過ぎなかった農心のシェアは上昇を続けながら日本企業に迫っている。

昨年の農心の米国事業実績は前年比12%成長した2億2500万ドル(約244億円)を記録した。ウォルマートやコストコのような大型流通会社を中心に攻撃的マーケティングを行いながら史上初めて米国内主流市場(メインストリーム)の売り上げがアジアン市場を上回った。

シン・ドンヨプ米国法人長は「米国だけでなくカナダ、南米までさまざまな客層が農心製品を買い求めている」とし「農心の製品力と体系的な生産-流通システムを基に数年以内に日本を超えて米国市場1位に立つことが目標」と話した。

農心は米国市場で辛ラーメン乾麺の成功の可能性を高く見ている。米国でもウェルビーイングのトレンドが拡散しながら関連食品に対する需要が増加していて、メインストリームで農心と辛ラーメンブランドに対する地位が高まっているためだ。辛ラーメンは米国ウォルマート4000余全店舗に陳列されて販売されるほどKフードの代名詞として位置づいている。

農心関係者は「米国僑胞(海外在住韓国人)市場をはじめ、ウォルマートやコストコなど主流市場に辛ラーメン乾麺の陳列を急ぐ計画」としながら「辛ラーメンの進化を標ぼうした辛ラーメン乾麺は今後海外市場において農心の戦略製品になるだろう」とした。

一方、農心は1971年に牛肉ラーメンを米国に初めて輸出しながら海外事業を始めた。農心の米国輸出実績は1988年200万ドルから95年1650万ドル、98年2500万ドルと高速成長した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기