본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国統一外交安保特別補佐官「日本、北朝鮮非核化で役割ない…否定的外交やめるべき」

ⓒ 中央日報日本語版

文正仁大統領統一外交安保特別補佐官

文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が北朝鮮の非核化に日本の役割はないと発言したと伝えられた。

韓国メディアは9日、慶応大学現代韓国研究センターが主催した「北東アジアの新しい秩序構想」シンポジウムに参加した文特別補佐官が、「現在南北と米国が休戦協定、非核化を議論しているが、日本の役割はなくなるほかない。もし6カ国協議が開かれる多国間体制ならば日本の役割は重要だが、いまは2国間に分離された状況で限界がある」と話したと報道した。

続けて文特別補佐官は「韓国がジャパンパッシングをしているのではない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3回の南北首脳会談すべてで日本人拉致問題解決の必要性を伝えた」と述べた。

このような文特別補佐官の発言は東京大学の木宮正史教授の発言に伴ったものとされる。木宮教授は文特別補佐官の演説が終わった後、「文特別補佐官が日本に対し何の言及もないことに衝撃を受けた。韓国が日本を軽視していると批判するつもりはない。いまや日本は韓国の役に立たない存在になった」と話したという。

文特別補佐官は「日本外務省は欧州連合(EU)のような所に行き北朝鮮問題解決策に対す韓国大統領の主張を完全に無視し否定的に話している。日本があまりにひどい。日本は否定的な外交ばかり積極的にするのではなく、韓半島(朝鮮半島)平和になる側で積極性を持たなければならない」と付け加えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기