본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮産と疑われる石炭を荷役した船舶、韓国政府「疑惑なし」出港許可(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
7日午後、慶北浦項市(キョンブク・ポハンシ)南区松亭洞(ナムグ・ソンジョンドン)の浦項新港第7ふ頭。約1万平方メートル幅のふ頭荷役場に真っ黒な5000トン規模の石炭が山積みのように積まれていた。石炭のほこりの後ろに巨大な船舶1隻が目についた。船首にはペインティングが一部剥がれた「JIN LONG」という文字が見えた。貨物船「JIN LONG」号だった。JIN LONG号は最近、北朝鮮の石炭を韓国に搬入したという疑いがもたれているベリーズ籍の船舶だ。JIN LONGのそばには大型クレーン1台が石炭を掻い込む一対のショベルを利用して船舶に乗せられた石炭を掻き集めて荷役場に運ぶ作業をしていた。

JIN LONGは浦項新港に石炭5000トンを下した後、残りの100トンも荷役した。荷役作業をしていた作業員に「北朝鮮産石炭ではないか」と聞くと、「石炭については知らない。ただ、指示されたことをするだけ」と話した。作業員によれば、この石炭は慶北のある石炭加工工場に運ばれる。石炭の荷主である浦項市の固体燃料卸売業者D社の関係者は「石炭はロシアから輸入した。北朝鮮産ではないと承知している」とし「浦項地域の製鉄・製鋼会社に供給している」と主張した。

韓国政府はこの日午後、JIN LONGを抑留せず出港を許可する方針であることを知らせた。政府の入出港記録によれば、この船舶は4日午前7時30分、浦項港に入港して8日午後11時出港予定だった。ところで、この船は政府の「出港許可」方針が知らされた後である7日午後4時50分ごろ、荷役作業を終えてから出港した。政府の記録より1日前に出港した。この船は当初、ロシア・ナホトカ港から直ちに浦項新港に来た。ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送は7日、衛星写真を提供する「プラネット・ラブズ」の資料を根拠に「JIN LONGがナホトカ港の石炭を取り扱うふ頭から出発した」とし「ナホトカ港に留まった時点である1日午前11時14分に撮られた衛星写真を見ると、この船舶のすぐそばには石炭と見える黒色の物質があった」と伝えた。

北朝鮮産と疑われる石炭を荷役した船舶、韓国政府「疑惑なし」出港許可(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기