본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

マーベル韓国系女性スーパーヒーロー誕生…『シルク』映画化へ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

映画『シルク』のシンディ・ムーン(写真提供=マーベル・コミック)

韓国系女性スーパーヒーローが誕生する見通しだ。

最近、外信によると、マーベル・コミックの『シルク』が映画化されることになった。『シルク』は韓国系女性ヒーローのシンディ・ムーンが主人公として登場する作品だ。ソニー・ピクチャーズは最近、『シルク』のシナリオ開発に入った。

『シルク』は『スパイダーマン』のスピンオフでもある。シンディ・ムーンは2014年『アメイジングスパイダーマン』を通じてマーベル・コミックに初登場した。ピーター・パーカーのようにスーパースパイダーに噛まれた後、クモの巣発射や特殊記憶力、そしてスパイダーセンスを超える危険感知能力「シルクセンス」などの能力を備えたキャラクターだ。

韓国系ヒーローが映画に登場するのは今回が初めてだ。しかし、マーベル・コミックの設定がそのまま映画にも適用されるかどうかは未知数だ。これに先立ち、映画『スパイダーマン:ホームカミング』にシンディ・ムーンが登場したが、米国人女優ティファニー・エスペンセンが演じたためだ。ただし、当時シンディ・ムーンはスーパーパワーを持った人物としては描写されていなかったため、新しいシンディ・ムーンの誕生に期待がかかる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기