본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮だけ痛みもなく有利に…北の板門店宣言“我田引水”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩国務委員長が4月27日午後、板門店の「平和の家」で開かれた南北首脳会談で、韓半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言文に署名した後、手を握っている。

米朝首脳会談を控え、北朝鮮は連日悪知恵を働かせながら、韓国が板門店(パンムンジョム)宣言を違反したという主張をしている。これは典型的な我田引水という批判が出ているが、韓国政府は状況が変わってしまうのではないかと危惧するあまり、公式反論もできずただ心を痛めている。いわゆる「板門店宣言の逆襲」が本格化する局面だ。

(1)離散家族対面合意、白紙に戻る?=19日、北朝鮮赤十字社中央委員会報道官は、2016年女性従業員集団脱北を問題にして「南朝鮮当局は反倫理的蛮行を認めて我々女性公民を直ちに家族の元へ送り返せ」と要求した。それと共に「傀儡保守輩党〔朴槿恵(パク・クネ)政府〕の集団誘引拉致事件をどう処理するかが板門店宣言に反映された南北間の人道主義的問題解決の展望を決めるのに大きな影響を及ぼすことになる」としながら離散家族対面問題との連携を示唆した。

しかし、板門店宣言は「南と北は民族分断で発生した人道的問題を至急解決するために努力(1条5項)」をすることにしている。引き続き、具体的に「南北赤十字会談を開催して離散家族・親戚対面をはじめとする諸般問題を協議解決」することにした。北朝鮮は人道的イシューとして女性従業員問題を持ち出したが、かえってこれを理由に離散家族対面を白紙に戻してしまうのが板門店宣言違反だという指摘もある。

(2)高官級会談も一方的に中止=北朝鮮は韓米合同演習であるマックスサンダー(11~25日)を非難しながら、16日に予定された南北高官級会談を突然中止した。板門店宣言上の「すべての空間で、軍事的緊張と衝突の根源になる相手方に対する一切の敵対行為の全面中止(2条1項)」部分を根拠としたのだ。

しかし、北朝鮮は先立って韓米軍事演習に対しては「理解する」という立場を明らかにした。先月27日の南北首脳会談当時も大規模な韓米合同演習「キー・リゾルブ(KR)」と「トクスリ演習(FE)」の真っ最中だった。合同演習を言い訳に南北対話を中断するなら、板門店宣言上の「高官級会談をはじめとする各分野の対話と交渉を早期に開催(1条2項)」、「軍事当局者会談を頻繁に開催し、5月中の将軍級軍事会談開催(2条3項)」合意違反となる。

(3)度を越えた脱北者問題提起=北朝鮮の「我が民族同士」は19日、太永浩(テ・ヨンホ)元駐英国北朝鮮公使の国会講演を非難して「南朝鮮当局は事態がさらに険悪になる前に脱北者虫どもの妄動に格別の対策を取らなければならない」と要求した。このメディアは、20日には最近一部の脱北者団体のビラ散布に関連して「一握りにもならない人間ゴミの発狂で、第一歩を踏み出した南北和解の局面が今一度重大な難関にぶつかることになる場合、その責任は全面的に南朝鮮当局が負うことになる」と警告した。

だが、板門店宣言には脱北者問題に対する内容がない。むしろ北朝鮮のこのような主張は「新たな平和時代を厳粛に闡明」と「南北関係の全面的かつ画期的な改善と発展」意志を盛り込んだ板門店宣言の合意趣旨に背く。

(40)巧妙な「完全な非核化」否定=16日、北朝鮮外務省の金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官は、談話文で米朝首脳会談再考の可能性を言及した。

金桂冠は「ホワイトハウスと国務省の高位官僚は『先に核放棄、後に補償』方式を言いふらしながら、リビア核放棄方式だの『完全かつ検証可能で不可逆的な非核化』だの『核、ミサイル、生物化学兵器の完全廃棄』だのとする主張をためらいなしに吐き出している」とした。金桂冠のこのような発言は、板門店宣言で共同の目標に確認した「完全な非核化(3条4項)」を否定したものだとの解釈がある。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기